『ノベ竿 × ルアー』で楽しむハゼ釣り これぞ究極なライトゲーム!?

『ノベ竿 × ルアー』で楽しむハゼ釣り これぞ究極なライトゲーム!?

千葉県の市川の江戸川放水路で究極のライトソルトゲームを楽しむ。ノベ竿でルアーフィッシング、管釣り御用達ライトボム×ハゼクラでお手軽なハゼ釣り釣行。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東編集部)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

江戸川放水路でハゼ釣り

待ちに待ったハゼ釣りシーズンの到来。6月末、千葉・市川の江戸川放水路でさまざまな釣法で狙ってみた。

7時半、行徳橋近くの駐車場に到着。土日や祝日は釣り人だけでなく、サイクリストや草野球の人たちも多く駐車場を利用するので満車の場合は、決められた駐車スペース以外には止めないで、妙典寄りのスーパー堤防多目的広場の有料駐車場(一日¥1000)を利用するといい。

釣り場やトイレに近く、駐車場スタッフが常駐しているので安心して釣りに集中できるのは魅力だ。河原を歩き、堰の前に広がる浅瀬で竿をだす。

『ノベ竿 × ルアー』で楽しむハゼ釣り これぞ究極なライトゲーム!?駐車場(提供:週刊つりニュース関東編集部)

当日のタックル2セット

今回用意したタックルは2つ。ひとつは、メバルのジグヘッドの釣りなどで使用するULクラスのソリッドティップロッドにPE0.3号、リーダーフロロ0.8号。

もうひとつは、2.5mの淡水小物用のノベ竿にナイロンイトを竿一本ぶん。

ビク代わりの水くみバケツを持って、ライフジャケット着用のうえ、長靴で浅瀬から入釣。くるぶしウェーディングで楽しんだ。

ライトボムで連発!

『ノベ竿 × ルアー』で楽しむハゼ釣り これぞ究極なライトゲーム!?カラーバリエーションも豊富(提供:週刊つりニュース関東編集部)

浅瀬ではつねに波紋がたち、生命感にあふれ「楽勝か?」といった状態。まずは、そんな波紋の少し先を目がけて、ライトボムをキャスト。

管理釣り場でその釣れっぷりを体験しているが、ハゼは果たして…。ズル引きや、軽くロッドアクションをいれてリフト&フォール。ときには放置も試したが、この日はリフト&フォールで好反応。魚が小さくハリ掛かりしないものの、近くに寄ってルアーにぶつかってくるのか、何度かアタリがある。

『ノベ竿 × ルアー』で楽しむハゼ釣り これぞ究極なライトゲーム!?ハゼヒット(提供:週刊つりニュース関東編集部)

スレ掛かりで2尾同時にヒットすることもあり、魚影の濃い場所ではエサともそん色のない食いで、3尾ほど立て続けにキャッチ。

クランクとエサでは?

次はクランクベイトをキャスト。沖ではなく、岸と平行に引くとアタリはあるものの、フッキング率は悪い。

そして最後は、ナス型オモリ1号にハリスを直結した仕掛けに青イソメを付けて投入。エサ釣りだと逆にルアーのように動かしてしまうとアタリは半減した。

ノベ竿×ライトボム

ここでノベ竿にライトボムの組み合わせで挑戦。ルアー釣りのゲーム性と、エサ釣りの手返しのよさをいいとこ取りしたタックルで、気軽に楽しめる。しかし、持参した2mほどの竿ではポイントまで届かず、この日は3~5mは欲しいと感じた。ただ、ボート釣りなら、このくらいが扱いやすそう。

『ノベ竿 × ルアー』で楽しむハゼ釣り これぞ究極なライトゲーム!?ライトボム(提供:週刊つりニュース関東編集部)

いろいな釣法を試しながら雨が降り始めた11時に退散。当歳魚が多いなか、10尾に1尾程度の割合で10cm級が交じって短時間だが充実の釣行。

今後はさらに成長し、口も大きくなるとフッキング率はアップしてくるはず。
また、ボートで狙えば陸からではなかなか投入できないような場所にもアプローチできる。ますます楽しみだ。

『ハゼクラ』とは

『ノベ竿 × ルアー』で楽しむハゼ釣り これぞ究極なライトゲーム!?クランクでも(提供:週刊つりニュース関東編集部)

エサとして認識させ、食わせる釣りの対向にあるのが、クランクベイトルアーを使った「ハゼクラ」。ハゼの縄張り意識を利用した釣りだ。ほかのルアー釣りと同様、目立つカラーを使うとアピール力は高いぶん、すぐにスレて追わなくなってしまう。1カ所で、なるべくスレさせずに釣る方法は次の2つ。

カラーローテーション

1つ目はカラーローテーション。アピール力の弱いカラーから投げて、徐々に強くしていく方法。イメージは、ナチュラル系や暗めの地味な色から、徐々に派手な明るいイエローやレッド、光を反射するシルバーやゴールドといったものに替えていく。

習性を利用する

2つ目はハゼに近いカラーを使うこと。ハゼ同士の縄張り争いの習性を利用しているので、それに近い色なら見切られる確率が減り、1個のルアーで釣り続けることができる。もちろん、天候や水質によって反応が悪いこともあるが、オールマイティーに釣れるカラーなのは間違いない。

「ED-HAZE」シリーズ

「ED-HAZE」シリーズは、天候や水質によって使い分けできる豊富なカラーがそろっているので、ぜひ試してほしい。具体的なカラー名を挙げると、ED-HAZEのゴカイ、イソメ→クリアーレッド、クリアーオレンジ→アカキン、オレンジヘッドシルバー→蛍光ピンク、蛍光オレンジ、ブレイクオレンジへのカラーローテが基本パターン。

ハゼクラ好きにおすすめ

現在、『SALT GAME PRESS 2019』絶賛発売中。「ソルトウォータールアーフィッシングを楽しむすべての人にとって役に立つ内容」盛りだくさん。

【SALT GAME PRESS 2019】
2019年7月8日(月)から発売中
関東~中部東海圏の釣具店量販店などで販売
カラー/白黒 20ページ
¥500

『ノベ竿 × ルアー』で楽しむハゼ釣り これぞ究極なライトゲーム!?

<別冊2019 SALT GAME PRESS編集部>