ボートで人気のエギダコ&ルアーマゴチ 初体験1投目でタコゲット!

ボートで人気のエギダコ&ルアーマゴチ 初体験1投目でタコゲット!

6月前半、いよいよ東海地方も梅雨に入り不安定な天候に悩まされる季節だが、狙える魚種も増える。そこで今回は愛知県・美浜町富具崎港にボートを持っている田嶋船長の計らいで、ボートでのエギダコ&ルアーマゴチへ。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

初めてのエギダコ釣り

メンバーは田嶋船長、私、河辺氏、岩田氏、佐藤氏の5人。午前5時半に集合し、どんよりとした天候のなか出船。10時くらいに雨が降りだす予報で、まずはタコ狙いへ。

私自身タコをちゃんと狙うのは初めて。取りあえず中古で売っていたタコ専用ロッドにスピニングリール、ラインPE4号を直結でタコエギ35gをセット。

15分ほど船を走らせポイント到着。

ここで船長からアドバイスをもらい、タコエギにさらに10~15号のオモリを追加。

釣り方としては、ボトムのドスンと落としてリフトしたり軽く揺すったりの繰り返しで、重みを感じたらスイープにアワせるイメージだそう。

そしてなんと1投目であっさりとタコをゲットしてしまった。

エギダコ釣りを堪能

正直タコは重いだけのイメージなので敬遠していたが、実際にやるとズシッとした重みが乗る感覚が分かるとこれはこれで楽しい。

ポイント的には固そうな砂地に根が点在するエリアなので、タコが乗る感覚はよく分かる。

周りの同船者もポロポロと釣れ始めて、船内も盛り上がる。周りを見ると天気も悪いなか、かなりの船が出ていて、あらためてタコの人気を痛感した。

ボートで人気のエギダコ&ルアーマゴチ 初体験1投目でタコゲット!人気のタコ釣り(提供:APC・白柳雅和)

予定より早く雨が降ってきた。そのせいでローライトのせいか、反応もいつもより悪いらしい。それでも次々ポイントを移動してもらい、4時間ほどタコ釣りを堪能させてもらった。

十分にタコは楽しませてもらったので、次はマゴチ狙いだ。

ルアーマゴチにチェンジ

15分ほど船を走らせ、ポイントへ到着。

砂地のブレイクや漁礁周りを攻める。水深は8~12mぐらいなので、12~20gまでのジグヘッドを使う。スピニングにはボトムワインド用にベイトにはスイミング用に、2本仕立てで残り時間マゴチに集中する。

開始して30分ほど経過した時、スイミングで狙っていた河辺氏にヒット。かなりの引きで上がってきたのは、60cm近いかなり太いマゴチだ。

ボートで人気のエギダコ&ルアーマゴチ 初体験1投目でタコゲット!極太マゴチ!(提供:APC・白柳雅和)

だが後が続かず、船長の判断で次々移動。次は佐藤氏と岩田氏にもマゴチがヒット。

そしてラスト近くになり、バルト4インチ+18gジグヘッドのスイミングで私にようやくヒット。慎重にやり取りしたが、水面近くで痛恨のバラシ。その後もバイトがあったが乗せきれず。

全員安打といきたかったが、終了時間となり降りしきる雨のなか帰港した。

 

<週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年7月5日号に掲載された記事を再編集したものになります。