スロージギングでまさかのヨコワ タイラバでヒラマサも登場【福岡県】

5月24日、中潮。北九州市小倉のガイドサービス・セブンで角島沖にスロージギング&タイラバに行ってきました。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ダブルフック仕様で挑戦

当日のタックル(ジギング)(作成:花村悦代)

今回は以前から気になっていたジグのMAKIEの使い方を開発者の宮崎船長から直接レクチャーしていただきました。

午前6時に小倉駅近くの港に集合し出発。1時間30分ほどで釣り場に到着。

いつもはフロントにしかハリを付けずリアにはスプーンのみでしたが、今回はフロントとリア両方にダブルフックを掛けてみました。

フォールを意識しアオナ!

ジギングでアオナ50cm級(提供:週刊つりニュース西部版編集部)

早巻きのジグに慣れているせいでなかなかうまくアプローチができず、フォール姿勢をどう見せていくかをイメージしながらしっかりサビいてはフォールさせながら巻くを繰り返していくと、着底から2シャクリ目のフォールでグンッとアタリがあり、フッキングするとしっかりとした重量感。

船長に「根物だね」と言われた通り50cmクラスのアオナに思わず笑顔になります。

まさかのヨコワもヒット

当日のタックル(タイラバ)(作成:半村悦代)

ここからはプチラッシュでイトヨリダイ、レンコダイ、ホウボウ、ヤズとどんどん上がってきます。同じアプローチで魚種が豊富と思っていたら、今度はガツンと大きなアタリ。

よく走り「青物だね」と話していたら、なんとヨコワでした。70cmクラスだったのでリリースしてあげました。

同船者の人は皆さんタイラバで大ダイを上げていたので、私もここからはタイラバにチェンジ。

セブンスライド100gオレンジに、スカートもオレンジに緑のネクタイを交ぜてみました。

タイラバ変更でヒラマサ

タイラバでヒラマサ(提供:週刊つりニュース西部版編集部)

着底からすぐに10mほど巻き上げを繰り返していたら、またもガツンと大きなアタリ!即アワセして上げていきますが、ラインが細いので切られないように慎重にやり取りをしていきます。

巻いては出されを繰り返して格闘すること約5分。顔を見せてくれたのはヒラマサでした。

 今回は船長から直接ジグのレクチャーを受けることができ、船長の言う通りフォールで見せて食わせるを未熟ながら実践することで釣果を伸ばすことができました。

初心者にも丁寧に指導してくれて、女性1人での乗り合い参加も快く乗船させていただきました。

<週刊つりニュース西部版 /TSURINEWS編>

▼この釣船について
ガイドサービス・セブン
この記事は『週刊つりニュース西武版』2019年6月28日号に掲載された記事を再編集したものになります。