バースエリア穴撃ち&壁打ちで70cm頭にシーバス複数安打【名古屋港】

5月下旬、久しぶりに名古屋港のデイでのボートシーバスゲームを楽しもうと、釣友の田崎さんのマイボートで早朝から出船。久しぶりなので例年のデータを参考に港内をラン&ガンする。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

バース際で早々に50㎝級シーバス

最初のポイントはバースエリア。

ハスキージャーク14をバース際にキャストし、ジャーク&ポーズで攻めているとバースを抜けた瞬間、ゴンとヒット。上がってきたのは50cm級のシーバスだ。田崎さんも同パターンで同サイズのシーバスをキャッチ。

いろんなエリアを調査したいので早々に移動する。

ハスキージャークとピスケイミノー(撮影:水野和俊)

壁打ちで追い釣り

次のエリアは沖面のバースエリア。

ハスキージャーク14で狙うが、今イチシーバスからの反応が薄い。見切りをつけて港内の壁打ちに切り替える。

例年居着きのシーバスがたまるエリアで、壁と平行にキャストしハスキージャークを壁スレスレにリトリーブしてくるとゴンとヒット。上がってきたのは50cmクラスのシーバスだ。ここで数匹キャッチし移動。

開始からそこそこシーバスの反応は得られるが、サイズがいまいち伸びない。

湾奥エリアの穴撃ちでサイズアップ

潮も下げ潮が効きだし、いい感じになってきた。

思い切って港内の湾奥のエリアに向かう。湾奥のバースエリアはまだバースの穴が狭い。

通常のルアーでは穴に撃ち込めないので、ラパラの新作ワーム系ビスケイミノーをセットし、穴に滑り込ませると1投目からゴンとヒット。まあまあの重量感が伝わってくる。元気に走るシーバス。水面に浮いたのは、60cm台中盤のシーバスだ。

なかなかの個体に田崎さんとテンションもアップ。

70㎝超えの良型も!

さらに穴に滑り込ませて巻き始めでゴンとバイト。

ドラグを鳴らし走るシーバスの突進を止め、バースの出口へと引きずり出すと、70cmを超すランカーシーバスだ。無事にランディングに成功し思わずガッツポーズ。ナイスなシーバスに出会うことができた。

70㎝を超すランカーにガッツポーズ(撮影:水野和俊)

次のページは当日の最終釣果を発表