アジングタックル流用のウルトラライト投げ釣りでデカギス登場!

6月3日は夕方から釣行予定を立てた。日中は暑くて熱中症になりそうだったので、涼しくなる夕方の釣行にした。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

波松海岸でウルトラライト投げ釣り

午後2時ごろ、用事を済ませて釣行の準備をする。まだ暑いので、水分補給用の飲み物やUVカット機能のある長袖のシャツ等を用意した。

今回のターゲットは、ライトタックルで狙うサーフのデカキス。時間の関係上、プチ遠征はせず、近場の福井県あわら市の波松海岸へ向かった。

当日の状況とタックル

当日の仕掛け(作図:中西弘光)

午後3時ごろ、芦原町の波松海岸に到着。今年は春のデカアジのアジングが楽しくて追いかけていたので、既に例年デカキスを狙っている時期は過ぎており、もう終わっている可能性もある。

まずは海の様子を見に行くと、例年ならいるはずの投げキスアングラーがいない。だが、海況的にはイイ感じだ。砂が火傷するぐらい熱くなっていたが、波打ち際に足をつけながら釣れば問題なさそうだ。

車に戻り、ライトタックルにTICTのMキャロリグをセットして準備OK。いつものように車が見えなくなるまで波打ち際を歩き、そこから車の場所まで勝負する。

ドラグ滑らせデカギス登場!

フルキャストしてフリーフォールで着底させた後、誘いのアクションを入れてからカーブフォールでアタリを待つ。中盤に入ると、ピンギスが多く頻繁にアタリがあるが、全然ない。どうもまだ初期の型狙いシーズンのようだ。初期ならデカキスと出会える可能性もある。

ランガンしながら同じアクションを繰り返していると、いきなり「コン!」というアタリがあり、反射的に手首を返すようにアワせるとヒット!

ドラグ設定は20cmサイズのキスに合わせておいたが、そのドラグが鳴いてラインがすごい勢いで出ていく。間違いなく20cmアップのキスだ。ゆっくり寄せてきて、波打ち際で寄せ波に乗せて引きずり上げたのは、久しぶりに見るメタボなデカキス。

最長寸のキス23cm(作図:中西弘光)

最終釣果

キスは群れで移動する魚なので連続ヒットがあるかもしれない。すぐにキャストしたが、「時すでに遅し!」だったようで無反応。3投ほど同じラインを通してみたが無反応だったので、またランガンに切り替えてデカキスを探す。

しばらくして、またキスらしきアタリがあってアワセを入れた。ヒットしたのは18cmぐらいのキス。その後も時々アタリはあるが、全部20cm未満のキスばかりだ。

そして午後4時すぎ、車を止めた場所まで戻ったので終了。釣果は23cm頭に5匹。マグレかもしれないが、1匹だけ20cmアップのデカキスが出たので満足だ。

これからどんどん暑くなるので、涼しくなる夕方ごろにもう一度行ってみようと思う。

<週刊つりニュース中部版 APC・中西弘光/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
福井県あわら市の波松海岸

この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年6月21日号に掲載された記事を再編集したものになります。