そらなさゆりが東京湾タチウオジギングでツ抜け 試行錯誤が楽しい!

そらなさゆりが東京湾タチウオジギングでツ抜け 試行錯誤が楽しい!

こんにちは!そらなさゆりです。「今年はもうタチウオが釣れている」との話を聞き、5月下旬に東京湾横浜山下橋の渡辺釣船店からジギング釣行に出かけました。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

横浜山下橋から出船

タチウオといえば、真夏に浅場で釣れる大人気の釣り物。しかし、暖冬だった影響なのか、例年に比べ、シーズンはじめからずっと浅場で釣れ続けている気がします。

渡辺釣船店の出船は7時。電車釣行でも始発に乗れば十分、間に合います。元町中華街駅から歩いてすぐなのでありがたい。

走水沖ポイントへ

数日前に降った雨の影響なのか、潮は濁り気味。でも、こういう日のほうがタチウオの食いはいいらしいです。観音崎沖で群れを探すと、あまり反応がない様子。「走水まで走ります」と船長からアナウンス。ドキドキワクワクしながらポイントまで向かいます。

到着すると僚船がチラホラ。キラッと光るタチウオの姿が見えました。「私も早く釣りた~い」。

そらなさゆりが東京湾タチウオジギングでツ抜け 試行錯誤が楽しい!ジギングタックル

水深は70m前後。底までジグを落としてからシャクり上げるパターンと、底まで落とさずに船長の指示ダナでジグを止めて誘う2パターン。どちらがいいのか、流し直すたびに指示してくれます。

このとき、リールのカウンターでジグが何m落ちたのか見る方法もアリなのですが、確実なのはやはりミチイトの色分けとマーカーで見ること。私が使っているシグロンPE×8マルチカラーは、1m単位まで把握でき、視認性のいいカラーローテーションになっています。タナ取りが重要な釣りでは、とくに大活躍してくれる心強いアイテム。

そらなさゆりが東京湾タチウオジギングでツ抜け 試行錯誤が楽しい!当日使用したジグロンPE×8

1尾目は小刀サイズ

ほどなくして、本日1尾目がきてくれました。シャクり上げていると、急にズドンッと、竿に加わる重みが何とも言えず快感。上がってきたのは小刀サイズのタチウオ。「でも、ありがと~」。

このあと、ポツリポツリと釣れるけど、なかなかサイズアップできない私。船内では、ドラゴンサイズが数尾釣れてるのにな~。サイズは選べないとは言いますが、それでも「何か策はないのか」と、大物が釣れている人を見て考えます。こうやってあれこれ考えるのも、この釣りの楽しさ。

そらなさゆりが東京湾タチウオジギングでツ抜け 試行錯誤が楽しい!竿に加わる重みが快感

バイトリーダー外して連続ヒット

しばらくすると、アタリが遠のき始めました。船長いわく、ジグが投入されるとタチウオが嫌がって、下へ下へ潜っていっているらしい。それでも、単発で良型タチウオが抜き上げられていきます。「誘っているタナは合っている。ほかの何かが合っていない気がする…」と、思う私。

この日、PEライン0.8号の先にリーダー5号2ヒロ、その先にバイトリーダー12号を50cm結んでいたのですが、迷った末、思い切ってバイトリーダーをはずしました。

すると、この効果があったのか、次の投入でさっそくヒット。「まぐれかな?」と思ったけど、次の投入でもアタリが続いて、勇気をだしてバイトリーダーをなくしたのが正解だったみたいです。

ラインを見切って嫌がっていたのか、ジグの動きがよくなったのか。答えはタチウオのみぞ知る。

試行錯誤が楽しい!

リーダーに歯が当たって切られないかヒヤヒヤしたけど、アタリを出せないことには、どこを重点的に誘えばいいのかも分からない。それでは効率が悪い。割り切ってみて、本当によかったです。

ここだけの話、1回だけ切られましたけど(笑)。「8号リーダーの通しでもよかったかな~?」と、次回の参考になりました。次は2タックル持っていって試してみたいと思います。

ほかにも、フリーで落としているときにアタってきたことがあったので、フォールを多めに入れてアクションさせたり、同乗者が釣ったタチウオの尻尾がなかったので、ジグをタチウオカラー(シルバー)に変えてみたり。よく釣っている人のカラーをまねたり。いろんなことを試してみました。

同店オリジナルカラーで釣れたのも嬉しかったです。船長から借りたジグだったので、切られないかヒヤヒヤしました。

次のページで最終釣果発表!