ティップランエギング&タイラバのリレー釣行でラストにドラマ【福岡】

5月16日、中潮。北九州市小倉のガイドサービス・セブンを利用して、初心者を含めた男女7人の釣り仲間が小倉港に集合。今回はチャーター便での釣り交流会で、私の娘の咲希も参加。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ティップラン&タイラバで出船

季節柄、タイラバ&ティップランでゆっくり海を楽しみたいとリクエストを告げ、船長と相談。出港はゆっくり午前8時すぎにして、ティップランからタイラバのプランに決定。海はナギで初夏を思わせ、クルージング感満載で仲間や船長との会話が弾んだ。

まず、ティップランでアオリイカ狙い。馬島・藍島周辺のシャローをラン&ガンするが、アオリのご機嫌が良くない様子でコンタクトがなく、娘に1.2kgが1尾釣れたのみ。「気配が薄いね~」となり「タイラバに行きましょう」と早めにティップランを切り上げ、白島沖にタイラバへ。

ティップランのタックル例

蓋井島沖でタイラバを

アマダイをゲット

ここではマダイのご機嫌が悪く、エソの猛攻。「アオリもタイも厳しいね~。」となったため、次に蓋井島沖(山口県下関市)に大移動。青空の下、移動中も弁当を食べながら談笑タイムで、まったりと気分がいい。

釣り場に到着後、魚群探知機には魚の気配がある。しかし、あまり魚からのコンタクトはなく、辛うじて私はアマダイ35cmにアオナやレンコをゲット。仲間もぽつぽつと五目釣りをしている。

タイラバのタックル例

ラスト1投で本命ゲット!

そのうち、ぼちぼち釣れて「自然を感じて楽しめたし、早いけど上がりましょうか」と阿吽の呼吸というべき雰囲気に。「では、ラスト1投ね」となったとき、横でジグをただ巻きしていた娘のロッドがしなり、ドラグからラインが出た。

上がってきたのは良型のマダイ60cm。トモ(船尾)で釣ってた仲間にもアマダイ40cm。「ラスト釣れて良かったね。」となり、午後4時に帰港。

ジグでマダイ60cmを見事にゲット

もっと釣れたら良かったけど、気の許せる仲間と海の上で一日を過ごせて満足。こちらのわがままなリクエストに笑顔で答えてくれる船長に感謝だ。プチオーダーのチャーター便、オススメです。

<週刊つりニュース西部版 APC・吉田信仁/TSURINEWS編>

▼この釣り船ついて
ガイドサービス・セブン
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年6月7日号に掲載された記事を再編集したものになります。