陸っぱりだけどまるで沖釣り気分の『沖堤防』初心者入門【関東エリア】

陸っぱりだけどまるで沖釣り気分の『沖堤防』初心者入門【関東エリア】

東京湾では、様々な理由で釣りができるポイント(場所)、特に陸っぱりの釣りが出来る場所がどんどん減っています。とはいっても、船釣りは費用もかかるし船酔いの可能性もあって敬遠してしまいがち。そんな人にオススメなのが『沖堤防(沖堤)』!今回は、関東エリアの沖堤での釣りについて紹介します。

加山菜美子
加山菜美子

趣味は釣り、釣ったお魚で美味しいお酒を飲む事。絵を描く事。音楽。好きな釣りは投げ釣り、エギング、アジング、メバリング、ロックフィッシュ。悪天候で釣りに行けない時程凹む事はない釣り好きです。

加山菜美子の担当記事を読む
×閉じる

海釣り 堤防釣り

沖堤防(沖堤)の魅力

陸っぱりだけどまるで沖釣り気分の『沖堤防』初心者入門【関東エリア】狙える魚種は多彩

「沖堤に渡った!」「沖堤って陸なの?船なの?」など、良く耳にする『沖堤防(沖堤)』。沖堤とは、岸伝いでは行けない沖にある防波堤のことを指します。渡し船で送って貰い、お迎えまでその場で釣りができる場所です。

沖堤は魚影が濃い他に、ポイントによって釣れる魚が違うので色々な魚種に出会えるのも魅力の1つ。魚影が濃いので釣りにおける再現性を高めたり、別の釣り方で狙って見ることもできます。

釣り人も、狙い物が違ったり、自分ではしない釣りをしている方も大勢いるので、お話させて頂くと釣りの幅も増え、また楽しみが増します。何より沖堤防と言う、普段の生活とガラッと違う景色の中にいる事で、日々のストレスからも解放されてしまいます(笑)毎日やる事に追われていても、次の沖堤防釣行に向けて頑張ろうと思えます。

渡船の出船状況を確認しよう

でも沖堤防に行きたい!と思ってもどうすればいいかわからない人も少なくないはず。先ずは、行きたい場所にや渡し船と検索して、ホームページをチェックして下さい。

そこに出船時間、上がり時間が載っているので、ご自身のスケジュール、体調に合う計画を立てて下さい。ここで注意なのが、その沖堤毎に時間は決まっていますが、自然を相手に、更に人の命を預かる場所なので、その日の風速や天候などで、直前の中止や、上がり予定時刻前の中止など、その時々に応じての動きになります。

なので「今日どうかな?出船できるかな?」など不安な所はホームページで確認、まだ載っていなければ直接沖堤防に問い合わせて下さい。

沖堤釣行の服装

自分の道具などがない場合、その沖堤防によって貸し物は違いますが、レンタルもあるので、各自、沖堤防に確認しておくことをおすすめします。

また道具以外にも必須なアイテムがライフジャケット!船宿同様にレンタルできる所がほとんどですが、ライフジャケットなしで沖堤防では釣りはできません。必ずレンタルの有無を要確認。

その他、沖堤防は風速も天候もコロコロ変わり、陸っぱりとは全くの別物。時間も朝から夜まで、夜から朝までできる所もあるので気温差も激しいです。

なので、おすすめの服装はレインコートなど濡れても良い上下に滑らない靴。スニーカーや長靴がおすすめ。場所によっては波がかかり滑りやすくなっている場所もあるため、天候や時期や場所によって変えましょう。

陸っぱりだけどまるで沖釣り気分の『沖堤防』初心者入門【関東エリア】水に浸かるところもあるので注意

またレインコートは防寒にもなりますし、雨は勿論、潮位が高く、風が強くなると飛沫がかかるポイントもあるのでどちらの意味でもお勧めです。

持ち物はコンパクトに

沖堤防に渡る際、大荷物や動きが取りづらいのも安全面からして危険なので、なるべく荷物をコンパクトにするのがポイントです。

陸っぱりだけどまるで沖釣り気分の『沖堤防』初心者入門【関東エリア】荷物はまとめておこう

基本的に自動販売機もないので水分は絶対!釣りは頭も使いますし、気分転換に甘いものなど軽食など持って行くのもお勧めです。クーラーボックスに飲み物、軽食をまとめると忘れてしまうということを防げます。

夏場に意外と盲点なものが「虫除けスプレー」。沖堤防といえどブヨやアブなど、刺されると数週間ずっと痒み、痛みが引かない虫もいます。

また夏場には、首に巻く冷却タオルなど熱中症対策もお忘れなく。冬場は逆に、ホッカイロや保温水筒に暖かい飲み物を持っていくのもおすすめです。

ちなみに船酔いが心配な人は、「酔い止め」も忘れずに。私は渡し船と言えど、船酔いするので、数十分の移動でも酔い止めを飲んで行きます。

渡船に乗るまでに

先ず、気を付けたいのが駐車場。駐車場はその場所によりますが、混んでいる日など少し離れた場所に案内される場合もあります。

慌てて忘れ物や怪我などが無い様、時間には余裕を持って下さい。到着したら受付を済ませ、少なくても出船20分程前には乗り場にいたいですね。私は日焼け止めや虫除け、カイロなど、その待ち時間で支度をしています。

次のページで沖堤防での注意点