完全フカセ釣りでブリにマダイにヒラマサ 超高活性でヒット止まらず!

5月16日、福井県・越前町の鷹巣和布(めら)港から出船するみの浦丸の仕立船(朝便)で鷹巣沖のマダイ釣りに挑んだ。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

レンタルで完全フカセに挑戦

早朝に兄貴と一緒に出かけ、港で中嶋さんと合流。兄貴と中嶋さんは完全フカセ初挑戦。船宿でサオとフカセ用の電動リールをレンタルした。

午前5時、和布港からポイントを目指して出船。港を出ると沖の波は穏やかで、完全フカセ釣り日和だ。これで潮が動いていればマダイ爆釣も夢ではないだろう。

航程15分くらいのマダイ魚礁で魚探に反応が出た。船長はゆっくり旋回しながら水深60m付近にアンカーを入れた。釣果に影響する潮の流れも風向きと一致している。

完全フカセタックル

当日の仕掛け

私は右舷トモ、兄貴は左舷トモ、中嶋さんは潮の流れを見て右舷ミヨシでサオを出す。仕掛けはハリス6号8mの2本バリに統一した。

兄貴にライン飛び出し時のアドバイスをしながら、パラパラとまきエサをまいて仕掛けを投入。中嶋さんはすご腕アングラーだから心配ないだろう。

私は発泡ウキ7号を付け、兄貴はノーマル仕掛けで勝負する。

ヒラマサと腹パンマダイから登場!

1投目で良型マダイ仕留めた

上潮の流れは良好で、兄貴のラインはゆっくり出ていく。仕掛けを投入すれば、あとはラインの飛び出しを待つだけ。大名釣りと言える(笑)。ただし早アワセは絶対禁物だ。

私が投入の準備をしていると「おっ、きたぞ!」と兄貴の声が。

船長が素早く的確にアドバイスしてくれる。「青物の引きだから無理しないで」と船長。

船底に潜って激しく抵抗したが、やがて65cmのヒラマサがネットに収まった。1投目に38mでヒットしたと兄貴はビックリしたようだ。

すると「船長! 俺もきたぁ」と中嶋さんの弾んだ声。サオの曲がりから青物ではないようで、食べごろサイズの50cm級の腹パンのマダイが取り込まれて満足顔。

91cm極太ブリ!

筆者が仕留めた91cm極太ブリ

私も投入すると、数値40m付近で勢いよくラインが飛び出した。アラーム音と同時にクラッチが入り、豪快にサオがたたかれる。この重量感ある引きがたまらない。

鋭い突っ込みに耐え、やがて無事ネットに収まった。これは極太ブリ91cm、うれしい!

全員が1投目でマダイとブリ、ヒラマサを仕留めたが、この日のモーニングタイムはすごかった。中嶋さんはマダイ3連発、兄貴も極太ブリを仕留めてうれしい悲鳴を上げている。

完全フカセ初挑戦だったが、連続してラインが飛び出すので乗っ込みマダイ釣りを楽しめているようだ。

全員同時ヒットでお祭り騒ぎ!

極太ブリを更に追加

兄貴は良型マダイをダブルで仕留めると、この日のビッグワンのオスのマダイ65cmもゲット。

中嶋さんはバラシの連発もあったが、マダイのヒットゾーンで確実にマダイを仕留めていた。

沖上がり1時間前になったので、残りのまきエサを入れてマダイと青物を浮上させる作戦を実行。

案の定、うれしい瞬間が訪れ、全員ラインが飛び出した。船長はネットを持って走り回る。

こんなお祭り騒ぎは大好きだ。

兄貴は豪引に耐えられずイトがぶっ飛んで悔しがるが、中嶋さんは極太ブリとの勝負に勝利した。

 

次のページで最終釣果を発表