巨魚潜む御前崎沖タイラバゲームで66cm本命に3kgマハタ【静岡】

巨魚潜む海、静岡県御前崎沖でタイラバゲーム。開口一番は66cmの本命マダイ。その他多彩なマハタなど大型根魚やカンパチもヒット。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

御前崎沖でタイラバゲーム

東海エリア屈指のフィールド、御前崎沖。今シーズンもマダイやハタ類、カンパチなど魅力的なターゲットが好期に入った。4月中旬、静岡.御前崎の波丸で鯛ラバゲームを取材した。

波丸

ひと流しで多魚種が狙える

6時に出船、当地のルールに基づき、7時にスタートフィッシング。

この日のメインターゲットはマダイだが、釣り場は起伏のある岩礁から徐々に砂地に移行していくようなポイント。海底の変化に合わせ、ハタ類やカンパチも食ってくるので、ひと流しの間に多彩な魚種が狙えて面白い。

多彩な引きを堪能

本命以外に3kgマハタが登場!

開始後まもなく、アヤメカサゴがパタパタとヒットするなか、右舷ミヨシの大澤さんに大型魚がアタックしてきた。ロッドは大きく弧を描き、ラインが出ていく。やりとりの末、キャッチされたのは3kg級の立派なマハタ。うれしいボーナスフィッシュだ。

3kgのマハタ

さらに、このあとヒットが続き、胴の間の永田さんが66cmのナイスなマダイを取り込む。開始早々に時合いを迎えたようで、各自集中力を高めて鯛ラバをトレースしていく。

大型ヒットも?

興奮が冷めないなか、今度は大ドモで釣っていた中村さんに当日一番の大物がヒット。はじめは底のほうで耐えていた相手だったが、異変に気づくと一気にミヨシ側へ向かって走りだし、勢いよくラインが出ていく。

胴の間のアングラーの協力でミヨシに移動。相手を刺激しないよう、慎重なファイトが続いた。一進一退の攻防が続くうち、ラインが根に擦れ痛恨のブレイク。引きや根に向かった様子から、正体は大型のハタ類のようだ。

同沖は先述の通り、数キロ台のマハタやホウキハタ、カンパチ、さらにはモロコまで食ってくる。

移動後すぐにヒット

2タックル体制がおすすめ

そのため、船長が勧めるタックルはメインラインPE1.5~2号を300m巻き、リーダーはフロロ6号を結んだもの。マダイに照準を絞るなら、一般的なPE0.8~1号にフロロ4~5号のリーダーを結ぶ。

しかし、安心したファイトを楽しみたいなら、前者のパワータックルが必要。船を流すポイントは、多彩な魚の着き場になっているので、できれば2タックル用意し、状況に応じて使い分けていくのがベストな戦術。

このあと、小移動しながら水深50mラインを攻めていく。ここでも45cm級マダイや2kgほどのカンパチが上がる。

2kg級のカンパチも

しかし、運悪く風と潮が止まってしまい、万事休す。ビッグヒットの連発で始まった一日だったが、自然の力には逆らえず、13時の納竿を迎えた。

次のページで今後の展望