ハナダイ&イサキリレー船で本命乱舞に高級ゲストも【千葉県・増栄丸】

ハナダイ&イサキリレー船で本命乱舞に高級ゲストも【千葉県・増栄丸】

外房片貝では、4月からの太東沖のイサキ解禁に合わせ、多くの船宿がハナダイとのリレーで出船を開始。人気魚種の二本立てということで人気は高い。乗船取材した模様をレポートします。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

増栄丸にてリレー釣行

4月下旬、同港の増栄丸から釣行。ハナダイはイマイチだったが、良型イサキの小気味いい引きを堪能。また、多彩な高級ゲストの顔を見て、リレー釣りの魅力を十分感じ取れる釣行になった。

まだ暗い4時半少し前に熱田正二船長の操船で出港。

暗い海上をポイントの「イサキの北限」と言われる太東沖を目指して疾走する。

イサキの釣り方

約1時間で到着。定刻5時半きっかりに開始。指示ダナは30~26m。

「イサキはタナを釣れ」の格言があるように、タナ取りが重要。そのためにはリールのカウンターではなく、ミチイトのマーカーで確実に把握するのが基本中の基本。

指定された範囲をシャクりながら、アタリダナを探るのだが、シャクリの幅や強さ、ポーズなど、その日その日で違うので、食いがいいパターンを早く見つけることが数を釣る第一歩だ。

また、1尾掛けたら追い食いを待って、ダブル、トリプルにするのは理想だが、口切れが多い魚なので、待ちすぎると最初の魚が外れることもたびたび。

大型ほどバレやすいので、1尾、1尾確実に取り込むほうがいい場合があるので注意したい。

早々にイサキがお目見え

開始してすぐに掛けたのは右舷胴の間の滝口さん。イサキが大好きで、大原や片貝によく釣行するらしく、いきなりダブルで先陣を切り、船中に活気をもたらしてくれた。

ハナダイ&イサキリレー船で本命乱舞に高級ゲストも【千葉県・増栄丸】イサキを一番にゲット

隣の寺島さんは、会社の上司である滝口さんに連れられて釣行。沖釣りはまだ日が浅いらしいが、先輩の指導がいいのか良型を連発。「数を釣って楽しむのがイサキ釣り」のうたい文句どおりを実践。軟調の竿を大きく曲げて奮闘している。

ハナダイ&イサキリレー船で本命乱舞に高級ゲストも【千葉県・増栄丸】良型を連発

入れ食いとまではいかないが、30cm級を中心に35cmを超える大型が交じって、船中あちこちで竿が曲がり、足元のオケはにぎやかになる。

ヒラメ禁漁期にイサキ釣り

左舷ミヨシの大竹さんはヒラメが一番好きらしいが、禁漁になったので、解禁の8月までは我慢のイサキ釣り。それでも、美味しい魚がほどほど数で、引きはまずまずと、十分楽しむことができたようだ。

同行のミヨシ2番の塩沢さんもヒラメが好きで、オフシーズンのみアジやイサキ。大竹さんのほうが釣歴は長いので、師匠とあおぎ「よく一緒に釣行する」と言う。

ハナダイ&イサキリレー船で本命乱舞に高級ゲストも【千葉県・増栄丸】イサキ釣りを堪能

次のページで後半戦のハナダイ乱舞!