完全フカセ釣りで88cmマダイ 二枚潮を見事攻略【京都府・丸田丸】

完全フカセ釣りで88cmマダイ 二枚潮を見事攻略【京都府・丸田丸】

平成から令和にかわるこのゴールデンウイークは、釣りに出かけられた方も多いことだろう。私は交通渋滞が苦手なため、基本連休中は毎年動かないこととしていたのであるが、京丹後・網野の浅茂川を母港とする遊漁船・丸田丸(田末船長)から、「5月3日にキャンセルが出たので遊びに来ないか?」とお誘いがあったので、釣り友の中島さんと釣行した。

京都府のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

完全フカセのタックルと仕掛け

当日は午後1時の出船から日没までの釣り。二人とも完全フカセにて大型マダイを狙うことから、船長は慎重に魚探反応をうかがい、水深45mラインの第一ポイントにアンカーを投入し、船を立ててくれた。

当日私の使用したタックルは、サオががま船真鯛スペシャル LV H-375、リールは手巻きのKAIKON4000T、ミチイトはフロロカーボン6号600m、仕掛けは新発売の真鯛吹き流し2本仕掛け10m、ハリス6号を使用した。

二枚潮と低水温に苦戦

1投目の仕掛けを投入すると、上潮は北東の風に押されている(北から南へ流れる状態)。下潮はというと、ゆっくり戻っている(上潮の逆方向に流れている)。ということは仕掛けが「つの字状態」で流されていてラインが張れていないので、本命が食ってもバレる確率が高くなる。

小型なら巻き上げてきてイトが張られると掛かっているという場合もあるが、大型はそう簡単にはいかないので、タナに入ったらスプールを指などで止めてラインを張るように心掛ける。いざラインが走っても慌てずサオに重みを感じるまでためてからリールを巻き、再度サオでしっかりアワせるようにする。

とはいえ、今日は3投目にしてもエサが残る状態。戻ってきたエサを触ると、冷たい。水温が下がっているのか、本命が口を使わない。

誘いにひと工夫で本命マダイ

その後何投かしてもアタリがないがたまにエサは取られる。そんな時船長が場所移動の決断、この判断が吉と出た。

次のポイントに着き仕掛けを投入すると、先ほどのポイントより潮が速い。周りではイサギがポツポツ上がっている。クリが点々としており魚の反応もあるので期待十分であったが、私の仕掛けは45mまで流すと根掛かりしている。ということはこの場所も先ほどと同じく底は戻っているか止まっている。

そこでライン放出37m辺りからテンションをかけ、仕掛けを張った状態で誘いをかけると、リールスプールがアタリの回転。久しぶりの心地いいアタリで上がってきたのは45cmくらいの食べておいしい本命・マダイだった。

ドラグ滑らす大物ヒット!

さぁこれからと気合を入れ同じ流し方をすると、今度は強烈なアタリ。先ほど説明した要領でアワセを入れると、リールのドラグが物凄い勢いで滑る。

大型を仕留めるためドラグを調整していたが、これだけの引きはメーター級の青物か80cmを超える本命だ。

サオのタメとリールのドラグ調整がマッチしているので、これは取れると確信して巻き上げていると、水中の中からギラギラ光る魚影。

次のページでヒットの正体は?

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。