筋子(すじこ)とイクラの違いを解説 「イクラ」は日本語じゃない?

筋子(すじこ)とイクラの違いを解説 「イクラ」は日本語じゃない?

プチプチで宝石と称されることもある「イクラ」。同じような魚卵の商品で「スジコ」が存在するがいまいち違いが分からない。そんな人も多いのではないでしょうか。混同されがちな二種類の魚卵について比較してみました。最後にイクラの美味しい醤油漬けのレシピもご紹介します。(アイキャッチ画像:PhotoAC)

TSURINEWS編集部

その他 サカナ研究所

筋子(すじこ)

筋子(すじこ)とは、サケ科魚類の、卵巣に入ったままの卵、またはその塩蔵加工品のことを言います。

その名の通り、筋(スジ)のような卵巣膜によって卵が繋がっているのが特徴です。

卵を外す前のものは、全て筋子と呼ばれ、流通している物のほとんどが塩蔵加工品です。

このため特に未加工の筋子を生筋子と呼び、区別しています。

未成熟の卵を使用することが多く、粒の大きさは少し小さくなります。

また、塩漬けにして食べることが一般的ですが、この他にも醤油漬けや粕漬けなども作られています。

筋子(すじこ)とイクラの違いを解説 「イクラ」は日本語じゃない?筋子はイクラに比べて粒が小さい(出典:PhotoAC)

イクラ

サケの筋子の卵巣膜を取り除き、産卵前の熟した卵を1粒ずつに分けたものをイクラまたはバラ子と呼びます。

筋子と比べると、成熟した卵を使用していることもあり、粒も大きく、食感もプチプチとしています。

サケも様々な種類がいますが、サケ科最大級の大きさを誇るキングサーモンのイクラは、その体長に比例して大粒のイクラになります。

その大きさは直径約1.5㎝と規格外。ぜひとも一度は食べてみたいですね。

筋子(すじこ)とイクラの違いを解説 「イクラ」は日本語じゃない?大粒のイクラ(出典:PhotoAC)

イクラの名前の由来

「イクラ」の語源はなんとロシア。ロシア語で「魚卵」「小さくて粒々したもの」という意味です。

ロシア人がばらしたサケの卵を「イクラ」と呼んでいるのを見た日本人が、これはいいと採用したのがイクラと呼ばれた始まりのようです。

それまで日本ではそれは全て筋子と呼ばれていたそうです。

また、ロシア語における「イクラ」はサケに限らず、魚卵であればタラコでもカズノコでも何でもすべてが「イクラ」となるようです。

ちなみにサケの卵は、ロシアでは「赤いイクラ」と呼ばれ、キャビアのことは「黒いイクラ」と呼ぶそうです。

筋子からイクラへの処理方法

筋子をほぐすときには「塩入りのぬるま湯」を使います。ぬるま湯(お風呂の湯加減)2Lに対して大さじ1の塩を溶かし混ぜます。

「塩入ぬるま湯」は筋子をほぐす際に必ず必要になりますので、3~4Lくらい作っておくといいでしょう。

筋子の処理 -卵巣膜の除去ー

①ボウルに筋子が浸かるくらい「塩入りのぬるま湯」を入れ、筋子を湯の中でほぐし、親指の腹の部分で卵を押し出すようにして、卵巣膜から卵を卵をばらしていきます。

※湯につけると卵が少し白っぽくなりますが、最終的に調味料に漬け込むと透明に戻るので、気にせず進めましょう。

②卵巣膜がある程度とれたら、底からやさしくかき混ぜて白い膜を浮かせ、上澄みと共に流します。

※水気は完全に切らず、卵が浸かった状態で、残った卵巣膜がないか、ほぐれていない卵がないかなどを確認し、あれば手でやさしく取り除きましょう。

③作っておいた「塩入りのぬるま湯」を足し入れ、①②の作業を繰り返します。

①~③の作業を数回繰り返し、白い膜や汚れがほぼなくなれば、ざる上げしてしっかり水気を切ります。

※白い膜は洗うたびに出てくるので、100%取り切れなくてもOK!

卵巣膜の処理が終わり、味付けまで完了するとイクラの出来上がりです。

次ページでイクラ醤油漬けレシピを紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。