ウキで狙う堤防タチウオ釣り解説【釣果UPに繋がる仕掛け&釣り方】 

ウキで狙う堤防タチウオ釣り解説【釣果UPに繋がる仕掛け&釣り方】 

釣って楽しく、食べておいしい人気ターゲットのタチウオ。今回はそんなタチウオのウキ釣りでの狙い方について、仕掛け、釣り方といった基本から、釣果UPのテクニックまで解説していきます。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWS編集部 松村)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

堤防タチウオ釣りの時期

水温やベイトの接岸状況にもよりますが、基本的なパターンは夏は小型主体に釣れ始め、秋にエサのイワシなどが接岸するとともに本格的にシーズンイン。冬に水温が下がり切るまでは釣れるといったパターンが一般的になります。また、地域差も大きく、春に接岸するタイミングがある地域もあります。

ウキで狙う堤防タチウオ釣り解説【釣果UPに繋がる仕掛け&釣り方】 秋とともにシーズンインを迎える堤防タチウオ釣り(提供:TSURINEWS編集部 松村)

エサとなる小魚の回遊がカギ

タチウオは「幽霊魚」などという異名もある魚で、ハイシーズンの秋でも釣れ盛っていたと思ったら、1日で様相がガラリと変わりいなくなってしまうことも。ベイトとなるイワシなどの小魚の動きにかなり左右される魚のようで、安定してエサとなる小魚の回遊があるタイミングが狙い目となります。

堤防タチウオ釣りの時間

タチウオの群れは、日中は深場に潜み、日が暮れるころからベイトを求めて接岸します。そのため、タチウオは夜釣りで狙うのが基本で、ウキ釣りの場合は夕マヅメから夜にかけて釣りに行くのがオススメです。

ウキで狙う堤防タチウオ釣り解説【釣果UPに繋がる仕掛け&釣り方】 夜釣りが基本になる(提供:TSURINEWS編集部 松村)

マヅメ時も活性が高くいい時間帯ですが、マヅメ時はルアーなど動くものに反応することが多くなり、ウキ釣りでは日が沈みきってからの時間帯のほうが反応が良い場合もあります。また、潮の動きもベイトの回遊や食いの良さに繋がるので、潮の動く時間帯に釣行するよう意識しましょう。

タチウオ釣りの場所

深場から接岸する条件が整った、潮通しがよく水深のある漁港や大型港湾部などが狙い目です。釣り座としては大型港湾部では、外向きはもちろんですが、ベイトを求めて入り込んでくるのか、日暮れとともに内向きで釣れることが多くなります。

釣り人の多くいる場所もオススメ

連日通う人も多いタチウオ釣りでは、必然的に釣れている場所に人が集まる傾向があります。各釣り場にはベイトの溜まりやすい場所があり、そんなポイントはタチウオの実績場としてシーズン中は絶えず人が竿を出してることが多く、初めての場合は人が集まっている場所付近に釣り座を構えてみるのもアリです。

また夜釣りなので、足場がいい場所を優先しましょう。車を横付けして釣りができる場所も夜釣りには便利で、エサを購入するときに近隣の釣具店で聞いてみるといいです。

タックル

続いてタチウオのウキ釣りに使うアイテムを紹介していきます。

ウキで狙う堤防タチウオ釣り解説【釣果UPに繋がる仕掛け&釣り方】 タックル図(作図:TSURINEWS編集部 松村)

ロッド

磯竿なら3号4m前後やシーバスロッドの9ft(2.6m前後)を使用する人が多いです。夜釣りに慣れないうちは、あまり長い磯竿はイト絡みなどトラブルの元になるので注意しましょう。

リール

3000番程度のスピニングリールに、道糸はナイロン3号標準で150mほど巻いておきましょう。

その他アイテム

ほかには夜釣りなので、ライト類は必携。電気ウキ釣りは比較的待つ釣りなので、小さな三脚などがあれば竿を置けます。また、タチウオは歯が鋭いので、素手でつかむと怪我をする可能性があり危険です。フィッシュグリップは持参しましょう。また、同じ理由でハリを外すときにはプライヤーなどを使用しましょう。

次のページで仕掛け&エサについて解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。

“ウキで狙う堤防タチウオ釣り解説【釣果UPに繋がる仕掛け&釣り方】 ” への1件の返信

コメントは受け付けていません。

“ウキで狙う堤防タチウオ釣り解説【釣果UPに繋がる仕掛け&釣り方】 ” への1件の返信

コメントは受け付けていません。