プラグ縛りのメバリングで連発 状況上向きか【神奈川・真鶴港】

プラグ縛りのメバリングで連発 状況上向きか【神奈川・真鶴港】

西湘の真鶴港でプラグ縛りのメバリングを楽しんだ。このところ週末の天候が思わしくないので、平日夜に近場釣行。数日前に箱根は雪が積もり、かなり冷え込んでしまった。それでも、春本番が近いのか、雪はすぐにとけて少しずつ暖かくなってきた。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

真鶴港へ

満潮の時間帯を狙って、現地に到着したのは20時ごろ。潮の干満差が激しいので、釣果につながる時間はかなり短い。

プラグ縛りのメバリングで連発 状況上向きか【神奈川・真鶴港】真鶴港のポイント

いつものようにスロープからチェックを始めるが、何の反応もない。

海面は鏡のように静かなのだが、時々、強い風が吹いてくる。ずっと吹き続けているわけではないので、風がやんだときにキャスト。リーリングしていると吹き始めるといった具合だ。

反応がないまま、スロープを右から左へ探り終えてしまう。

いつもなら途中にある堤防をチェックするのだが、時間がもったいないので堤防の左側へと一気に移動する。

ポイント移動で連続ヒット

プラグ縛りのメバリングで連発 状況上向きか【神奈川・真鶴港】今回のタックル

堤防の左側は、潮位の下がり始めが、足元の濡れたエリアの広がりで分かる。

あまりのんびりやっていると、一気に水がなくなり干上がってしまう。

キャストを続けていると、ピックアップの直前にロッドが絞り込まれる。

一瞬の強烈な引き込みはあったものの、ほとんどリールを巻かずに抜き上げることができる。

その後もこのエリアで、立て続けに15~18cmを2尾追加。状況は上向きのようで、まずまずの結果だ。

プラグ縛りのメバリングで連発 状況上向きか【神奈川・真鶴港】小さいが引きはまずまず

大物ヒットも・・

釣り始めて30分ほどで、いきなりロッドが絞り込まれた。

ドラグが一気に引き出され、ジ~ッと、どんどんラインが引き出されていく。

5m以上走って、何とか止まったので、やりとり開始。ところが、ゆっくりポンピングを始めた途端、スッと軽くなってしまった。リールを巻いてルアーを見ると、テールフックの1本が折れている。このフックは、折れずに伸びるタイプなのに、ちょっと意外。

これで拍子抜けしてしまい、何回かキャストして、この日は終えることにした。

状況は上向きになってきているようなので、日をあらためて挑戦しようと思う。

<週刊つりニュース関東版 神奈川・野地文雄 /TSURINEWS編>

▼この釣り場について
真鶴港周辺
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年4月5日号に掲載された記事を再編集したものになります。