沖磯でのヤエン釣りで2.2kg春アオリイカ!【和歌山県・南紀】

春のアオリイカシーズンも目前に迫り、そろそろ南紀方面では大型が釣れ出すのでは…と思い、4月1日に南紀・浦神の磯へヤエンでのアオリイカ釣りに出かけた。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

『赤島』へ渡礁

当日は一番船が午前5時40分に出船なので、大阪の自宅を2時過ぎに出発。道中のエサ店で活きアジを5匹購入した。

渡船場の駐車場に5時20分に到着。渡船名簿に緊急連絡先を書いて一番船で沖磯へ。ここでみなさんに注意していただきたいのが、緊急連絡先は自分の携帯の番号ではなく、自宅の連絡先か身内の連絡先の記入をしておくこと。

さて、当日は「赤島」へ上がることになった。この磯は少し足場が高いので、5m以上のタモの柄が必要だ。沖側にはシモリも多く、冬場にはグレ釣りの1級磯となる。当日は若潮だったので、潮はそんなに動かないと予想して、干潮の10時前後を時合いと考え、少しゆっくりとタックルの用意をした。

赤島でのヤエンは初めてだったので、ポイントが分からない。潮が下りで勝浦方面に流れていたので、勝浦向きに釣り座を構えて釣り開始した。少し潮が速くて15m地点にアジを投入したが、すぐにアジが勝浦方面に泳いでいく。これは狙い通りだ。

当日のヤエンタックル

当日の仕掛け

当日のタックルはサオがバトルゲームアオリワン、リールはバトルゲームLBQDにラインはスクイッドヤエンVS1.5号を巻いた。

アジを刺すハリはローリング尾針を、浮きすぎるアジを沈めるのには潜助君を使用した。

1投目からヒット!

ヤエンとギャフの用意をしている間に、アジに変化が…。一定していたアジの動きが激しくなり「プルプル、ガクッ」となった。アジがアオリイカにかじられてけいれんしている証拠だ。すぐにサオを手に取り、ゆっくり聞いてみた。

竿に聞いてみる

そこそこの重さがサオに乗ってくる。ラインは3色出ているので、約30m。イカが走らない速度で寄せにかかる。

寄せる速度がキモ!

イカを寄せる時には、イカが違和感を感じて走らない速度があり、その速度で寄せてくると簡単に寄ってくるのだ。ラインに何も当たっていないのを、サオとラインで感じたら、ヤエン投入。ヤエンを送り込みながら寄せてくるイメージだ。

この磯は足場が高いので、なるべくサオを立てずにサオを水平にしたくらいで寄せる。白いイカが見えてきた。あと20m。1人なので、取り込みしやすい、少し低い足場の船付き側に移動する。

食べごろの700g級

700g級のアオリ

足元はシモリがせり出しているので、少し沖で浮かせるためにサオを立てて寄せてくる。イカが水面に浮いてきた。ヤエンも胴に掛っている。これでもうあせることはない。ギャフを伸ばしてイカの上からたたくようにギャフ入れをする。

取り込みに成功したのは700gの食べごろサイズだ。

同じ場所で再度アタリ!

すぐにアジを付けかえて、同じ場所に投入する。沈み根があるのだろう。アジが根に入りたそうに泳ぐ。それを行かさないように止めていると、「ガクッ」といきなりアジがかみ殺された。

根に巻かれるとやっかいなので、すぐに寄せに入る。今回はかなりの重さだ。今回も走らないように寄せにかかる。

2,200gの春イカ!

じっくりと寄せる

沈み根から離したところでヤエン投入。愛用しているオカサンヤエン・陸(おか)っぱりLが掛かり、イカが走りだした。いなしながら寄せてくると、春イカらしい大型イカだった、寄せてくる時、ブチッという感覚があったので、ヤエンのハリが1本外れたのが分かった。

これはやっかいだ。イカが縦になって上がってきた。こうなると取り込みに一苦労する。1人で苦労しながらも、なんとか取り込めたのが2200gの春イカだった。

2,200g!

今回の釣行で感じたことは、全体的にイカが少なく、秋イカサイズの800g前後までのイカが多く、春イカらしい大型が極端に少ないのでは? という感じ。

次ページでワンポイントアドバイス!