投釣りで40cm花見カレイ ついに桜咲いた【淡路島・仮屋一文字】

このところ、戻りカレイを狙って釣行を重ねているが、いまだに釣果なし。淡路島・野田の下波止、仮屋一文字などに通っているがフグばかり。今回は絶対に釣ってやるぞ…と意気込み、3月9日に仮屋一文字で地元のMさんと合流。今回は釣れるまで止めない作戦だ!

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

仮屋一文字へ

当日の釣り座は波止真ん中付近

当日はいつものように6時半出船。仮屋一文字へは計7人が渡った。

やはり実績のある先端部から順に釣り場を陣取っていく。私はどこにしようか迷い、あまり攻められていなさそうな中央付近のポイントまでいく。約700mある一文字なので、広く釣り場所を確保できる。

潮流も速いので間隔を50mほどとって準備開始。まずはエサ取りの様子を見て、サオの数を決めることにした。

今回のタックルはがま投・デュアルドライバー27号405にパワーエアロなどのセットを6組用意した。ミチイトはアトミックスライダー投3号(オレンジ)で統一する。

仕掛けはミキイト6号、ハリス5号、ハリはシーフォースサーフ15号とカレイバリ15号。全長90㎝の2本バリ仕掛けだ。エサはマムシ主体に、房掛け用にアカイソメも持参した。

早々に釣友がカレイ30㎝!

7時過ぎから釣り開始。今回もやはりエサ取りは少ない様子。とりあえず5本体制で挑むと、潮は右から左へ少し流れている様子。先端から少し離れているMさんが当日1匹目となるマコガレイを釣り上げ、前週からの絶好調を維持。

型は30㎝弱だが、皆の士気が高まる。私もこまめに誘いをかけ投げ返すも、エサがそのまま戻ってくる状態。先端付近の人もカレイを釣り上げたようだ。少し焦ってくる。

なんと良型40㎝ゲット!

9時過ぎ、並べているサオの1本が誘いをかけた時とは違った方向に走っていることに気付き、ゆっくりと聞きアワセをすると魚の手応え。手元にククッ、ククッと感触が伝わってきた。テトラの前に出て、アワセを入れてリーリング開始。

重量感から30㎝は確実にありそう。チカライトが見えるか見えないか…というところで力強く下へ下へと潜りだしたので慌てて前に出る。

魚が見えて、見た感しで30~35㎝はあると思いながらゴボウ抜き。

サオが満月に曲がり、そのまま一気に波止にぶり上げると、バッタン、バッタンと暴れている。35㎝どころか40㎝はありそうだ。

テトラの上からだと大きさが分かりにくい。大きさを測ってみるとジャスト40㎝。

ついにキャッチした特大カレイ

その後も先端付近ではアブラメの40㎝オーバーや30㎝級のカレイも釣れている様子だった。その後は頑張ってみたが、この1匹で終了となった。

次ページでおまけ釣行!