タイラバ・ジギング・泳がせで狙う乗っ込みマダイ【南紀・古座沖】

タイラバ・ジギング・泳がせで狙う乗っ込みマダイ【南紀・古座沖】

潮流の不安定な状況が続く、南紀・古座沖。日により魚の食いにかなりムラがあるとのことだが、釣友の西野さんのお誘いで、兵頭さんと3人で3月17日に古座川河口から出船するオーシャンフィールドに出かけた。当日はタイラバにジギングに泳がせにと、三者三様の釣りを展開した。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

 

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

今後の展望

古座沖ではこれから、ロックフィッシュも徐々に本格化し、タイラバ、ジギング、スイミングなどで楽しめる。

ちなみに持ち帰った2匹のマダイは雄と雌で、雄には白子が、雌には真子が入っていて、それぞれ美味しくいただいた。骨には「鳴門骨」も付いていて、身はコリコリ、もっちりで極上のマダイだった。

タイラバ・ジギング・泳がせで狙う乗っ込みマダイ【南紀・古座沖】姿造りにするとモチモチの身が…

<大阪市・松村計吾 /TSURINEWS・関西編集部>

▼この船について
オーシャンフィールド
エリア:紀南エリア
出船港:古座港

タイラバ・ジギング・泳がせで狙う乗っ込みマダイ【南紀・古座沖】

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。