フカセ釣りで狙う乗っ込みチヌのキホン 関西オススメ釣り場3選紹介も

フカセ釣りで狙う乗っ込みチヌのキホン 関西オススメ釣り場3選紹介も

今年もチヌの産卵シーズンがやってきた!エサを食いまくりながら浅場へ乗っ込みにやってくるチヌは、良型、大型が多数。今回はフカセで乗っ込み期のチヌの釣り方をわかりやすく解説。ぜひ今回の特集を参考に、釣り場へ出かけてみてほしい。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

乗っ込みチヌ(クロダイ)

「ウキフカセ釣りでチヌを釣る!」

早春の今時期は海水温もまだ低めでエサ取りも少なく、産卵のために沖の深場から浅場を意識した乗っ込みチヌが、磯場・波止場問わずに比較的簡単に狙える季節だ。

特に磯場は回遊性のあるチヌも多く、時合いに入ると短時間で2ケタ釣果も珍しいことではなく、数釣りはもちろん年無し級も狙える

フカセ釣りで狙う乗っ込みチヌのキホン 関西オススメ釣り場3選紹介も数釣りも狙える季節

複雑な潮流、起伏に富んだ海底など、波止場とはまた違ったシチュエーションでチヌを追いかけることができる。

乗っ込み期のポイント

磯チヌのポイントは、型を狙うのであれば沈み根や海溝など起伏に富んでいる比較的湾奥や潮流が緩やかな居付きの魚が釣れるポイントがいい。

逆に深場から乗っ込みチヌが入ってくるような潮通しのいい磯では数釣りが期待できる。

いずれも干満の潮位・潮の動きや方向といったところもキーポイントになる。

フカセ釣りタックル

フカセ釣りで狙う乗っ込みチヌのキホン 関西オススメ釣り場3選紹介もタックル図

タックルは、チヌとはいえ磯ザオ0~1号の5m前後、レバーブレーキ付きスピニングに、ラインは1.5~2号が標準。ハリスは1.7号前後、ハリは3号前後を使う。ウキは円錐ウキ、棒ウキのG2~3B負荷と、波止チヌタックルをそのまま使える。

フカセ釣りで狙う乗っ込みチヌのキホン 関西オススメ釣り場3選紹介もラインとハリス

磯場では足元は必ずスパイクシューズ。また沈み根など海底の様子を知るためには偏光サングラスが必需品だ。

まきエサとさしエサ

まきエサは、私は基本、生オキアミ3kg板が2枚にチヌ用配合材が3~4袋で一日釣りをしている。さしエサは生オキアミ、ハード加工オキアミだけではなく、コーン、ネリエサもあればエサ取り対策も万全だ

フカセ釣りで狙う乗っ込みチヌのキホン 関西オススメ釣り場3選紹介もさしエサ一例と配合剤

磯チヌではまきエサの遠投性も非常に重要なポイントになるので、遠投性に優れた配合材をセレクトして、シッカリと海水などで練り込むことをわすれてはいけない。

乗っ込みチヌ釣り方

水温が上昇傾向にある春の乗っ込みチヌは比較的活性も上がることが多いが、層(タナ)によって海水温の差があることが多いことも頭に入れておこう。底層のタナ一辺倒を釣るのではなく、魚にとっての適水温の層を釣ることがチヌへの近道となる。

具体的にはサオ一本ほどのウキ下設定で釣り開始。エサが全く触られなければ半ヒロずつ深くしていく。さしエサがエサ取りに触られるタナ付近を中心にまずは狙ってみよう。

あとは仕掛けを投入ごとにシャクに2~3杯まきエサをウキにかぶせてアタリを待つ。

フカセ釣りで狙う乗っ込みチヌのキホン 関西オススメ釣り場3選紹介も良型チヌとのやり取りはスリル満点

遠投での釣り方

磯のチヌは思わぬはるか遠くの超遠投でも食ってくる。しかしやみくもに遠投していても駄目だ。

海面がピカピカの鏡のようになったエリアがあれば、ぜひ狙ってみてほしい。その中に仕掛けを入れて、まきエサはウキの周りに数杯打ち込む。タナが分からなければハリ上にジンタン5号を追加するなどしてウキをゆっくりと沈ませ、タナを探ろう。

遠くでヒットするチヌは食い渋りが少なく、アタリも比較的大きいので、ラインや穂先でとるようにするといい。

最後になったが、さしエサは近年波止場だけではなく磯でも、エサ取りにも強く視覚的にもアピールすることができるオキアミ、コーンが断然お勧めである。

フカセ釣りで狙う乗っ込みチヌのキホン 関西オススメ釣り場3選紹介も年無しと呼ばれる50cm超も有望