ボートロックゲーム 狙いは年無しクロダイ?!【愛知県・名古屋港】

釣り仲間の高橋さんと川中さんにお誘いいただき、2月9日の夜に名古屋港のボートライトロックゲームに出かけた。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

 

 

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ジグ単で岸壁際から

最近は陸っぱりばかりで、ボートから狙うのは数年ぶり。

タックル図

期待と不安が入り混じるなか、それまで穏やかだった風が急に強くなり始めた。とはいえ危険なレベルでもないので、様子を見ながら午後9時すぎに出船。風裏ポイントに船を向ける。

こんな真冬の夜でも、港内には多くのボートが出ているようだ。目指すポイントにも先行者がいたので、少し離れた岸壁際からスタート。まずメバルを狙って表層からチェックしていく。

軽めのジグヘッドに五目ソフト・ストレートの組み合わせのジグ単リグでレンジを刻んでいくが反応はない。そこで3gのダートジグヘッドに変更し、敷石周りの根魚を狙う。

水深は6mほど。ダートとフォールを織り交ぜながら探るとカサゴがヒットしたが、これも高活性とは言いがたい。

そろそろ下げ潮が効き始める時間なのだが。まだ潮位が高いので、次は壁際を狙ってみる。

穴撃ちでセイゴ連発!

ジグヘッドを1.5gに変更し、岸壁ギリギリにキャスト。そのまま張らず緩めずのラインテンションで壁に沿ってフォールさせ、カキ殻のレンジを探っていく。

ラインの変化でアワセを入れるとムラソイやカサゴが連発。だが、どれも小ぶりで、ボートならではというサイズが出ない。

先行のボートが移動したところで、その場所に移る。ここはふ頭の下が空洞になっているポイント。狙うのはその空洞部分、いわゆる穴撃ちだ。

ここではセイゴが連発となり、岸壁を支えるパイル際を狙うとカサゴやムラソイも顔を見せる。ただ数は出るもののサイズが伸びない。隣では川中さんが40cm級のシーバスをキャッチしているというのに、私に釣れるのはチビばかりだ。

シーバス連発!

本命メバル登場も・・

そこで高橋船長は次のポイントに移動。風は少し巻き込むが、船長が巧みな操船でピタリといい位置に着けてくれる。パイルの奥にキャストが決まると、カーブフォール中にサオ先が絞り込まれた。

メバルにしては引きが強すぎると思ったら、浮かんだのは50cm級のシーバス。メバルタックルなのでスリリングなファイトを楽しめた。

続いて川中さんに大物がヒット。下へ下へと突っ込む様子は、どうやらクロダイのようだ。数分後、ようやく姿を見せたのは年無し級の大物だったが、タモ入れ直前で無念のハリ外れ。悔やまれる1匹となった。

そこで私もパイル際をフリーフォール気味に探ってみる。不意にラインが走ったが、ヒットしたのは20cm級のメバル。

本命登場も?

本来はこれが本命のはずだが、あのクロダイを見せられた後では…。

次ページで念願のクロダイ登場!