尺狙いデイアジング フカセ釣り勉強のため?【福岡県・大島港】

2月前半、自分を含めた5人で大島へアジング釣行に行ってきた。難しいけど面白い!そんな、アジングの奥深さを知る釣行となった。

●福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

アジ避けるためにアジング?

最近、アジングで狙うアジの行動やエサにどんな食い方をするのか?なぜワームで?ワームのカラーは?波動についてなど、フカセ釣りではエサ取りでやっかいとされるアジだが、アジを知ることも勉強だ!

フカセ釣りの時にアジをかわしやすくなるのでは?と思いアジングを始めた。また、アジングは極細ラインを使って釣りをするので、さらなる細いラインにも慣れる&使えるいい経験だ。

大島港の西波止へ

午前7時に神湊港の有料駐車場に待ち合わせをして、1便の7時40分発のフェリーで一路大島を目指す。今回、大島が初めての山田君と増田君に離島の魚影の濃さを味わってほしい目的もある。

大島港
8時すぎに大島港に到着し、西波止を目指す。到着すると、すでにたくさんの釣り人がサオを出したり、準備をしたりと5人が入るスペースがないのだが、ちょうど釣りをやめるという人と入れ替わりで入らせてもらい、準備に取りかかる。

当日のタックル

タックル

私はTG月下美人SWライトジグヘッド2gにクロスビーム(グローレモン)を装着して反応をみる。すると、活性がいいのか、ラインが張るアタリなど小アジだがロッドを曲げてくれる。

そんな中でも垣内君の成長は凄く、ヒットに持ち込む回数は誰よりも多い。

何が違うのか?ワームのカラー選択?ジグヘッドの号数の選択具合?ワームの動かし方?など私なりに見てマネをしたり、直接、垣内君に相談したりとアジングのむずかしさや面白さを体感。

メタルジグでカマスも!

山田君、立石君、増田君は途中からアジングの合間にメタルジグを付けてカマス釣りを楽しんでいて、毎投アタリがあり入れ食い状態。

カマスも狙った

今回、アジのサイズは23cm以上をキープしようと決めていて、お昼近くになってもキープサイズは釣れず。ただ、私の好きなカーブ辺りのポイントでは、36cm、30cmと超良型アジが上がったようで期待はもてる。

難しいけど面白い!

お昼をすぎ、先端の釣座が空いたのでみんなで移動。ぽつぽつだがここでも小アジがヒット。速いピッチのシャクリには反応せずに、比較的ゆっくりめでワームを動かしてアピールすると海底付近でヒットする。たまにワームの後を追尾してきてプイッとそっぽを向くアジもいる。

水温が低下したからか?朝は活性が高かったのに潮?ワームのカラーや形状が合っていないのか?小さなアタリは何度かあるが、この時間は簡単にヒットにまで持ち込めない。

ゲットしたアジ

ジグヘッドを1g以下の軽いタイプに変更するとハリ掛かりが良くなるのは分かっているのだが、横風も吹いて水深も5~7mあるので、まだアジング初心者の私の技量では最低でも1.5gはいる。

この状況に応じたオモリ選びやワーム選択、動かし方などピッタリといかないところがアジングの面白さだろう。

サイズアップ狙い!

良型サイズ!

途中、カゴ釣りの年配者が私たちの間に入り、そのエサに集まってきたのかアジの活性が上がりヒット率がアップ。

午後3時をすぎたころからアジのサイズがアップ、23cmクラスのアジがドラグをジージーッと鳴らし、25cmクラス、27cmとどんどんサイズが上がった。

カゴ釣りの人には35cm近いアジも掛かり、「私たちの誰かにあのサイズが」と期待して、6時の最終便に間に合うギリギリの時間までロッドを振り続けたが、今回は尺(約30cm)アジがヒットせずに納竿。

本命をキャッチ

ただ、日中にこのクラスのアジがヒットするのは釣っていて楽しく、いつ尺アジが掛かるか?と期待してロッドを振るワクワク感も最高、また時間を見つけてみんなで大島に行こうと思う。

<週刊つりニュース西部版 APC・鶴原修/TSURINEWS編>

▼この場所ついて
大島港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年3月1日号に掲載された記事を再編集したものになります。