名礁オオクラでイシダイ釣り!2人で石物6尾!【和歌山県・日高郡】

名礁オオクラでイシダイ釣り!2人で石物6尾!【和歌山県・日高郡】

2018年は中紀のイシダイ釣りが好調だった。しかし、冬型の気圧配置の日が多くなってからは、なかなかサオ出しできるチャンスに恵まれなくなってきた。12月11日、珍しく冬型気圧配置が緩むとの予報が出た。「これはチャンス」とばかりに、釣友の前勉さんを誘って大引へ出かけることにした。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

当日の状況

冬型が緩むとはいってもピタッと収まるわけではない。寒さに加えて緩い北風が吹いている海況だ。

早朝、いつもお世話になっている同地の上野渡船の駐車場へ到着する。平日とはいえ、もう車が10台以上も到着していて、皆さんもう釣りの準備を始めている。待合所でエサのウニと渡船の精算を済ませて、私たちも準備にかかる。

底物狙いは私たち二人だけだった。私たち以外に底物狙いの人がいなかったのは今年初めてだ

船長が来てから釣り場の状況を聞いてみる。「オオクラどうかな?」と言う。海が穏やかな日にはいつも釣果が出ていたそうだ。一つ返事でオオクラを希望してしまった。

オオクラへ渡礁

名礁オオクラでイシダイ釣り!2人で石物6尾!【和歌山県・日高郡】当日のタックル

大引へ出かけると必ずイシダイが釣れるという気がする。不思議な感覚だ。ここの魚の多さが私の頭を洗脳してしまったのだろう。

とにかく、期待満々でアシカ方面の渡船に乗り込む。

アシカの親に大勢の釣り人を渡してからオオクラへ向かう。

オオクラの離れに上物釣りの人が3人、オオクラへは私たち二人だけだった。

この日は名礁オオクラを貸し切りだ私が高場の角、前さんは横でサオを出した。

ここは11月のクラブ大会の時、私が優勝させてもらったゲンのいい磯だ「釣れるぞ」と期待満々で釣り始める。

早々に良型イシガキダイ!

潮は満ちの上り潮だ。エサはトゲを切り取ったガンガゼウニだ。

タナはリールのカウンターで23mのところを狙う。前回も手前よりも、少し投げたところでよくアタったからだ。

名礁オオクラでイシダイ釣り!2人で石物6尾!【和歌山県・日高郡】イシガキダイとその後にイシダイもヒット

1投目から石物と思えるアタリが出る。1投目はたいてい素直に食い込んでくるのだが、けっこう時間がかかっている。「石物やのになあ」と思ってサオ先を見ていると、いきなり舞い込んだ。ものすごい速さだった。

ピトンが緩んでサオがもっていかれそうになるところを、慌てて尻手ロープをつかんでアワセを入れる。サオを立てるとグイグイ引き込む。「まずまずのイシダイだな」と思いながら、魚とのやり取りを開始する。

実によく走り回る。元気いっぱいの魚だ。少しずつ魚との距離をつめていく。かなりの抵抗を見せながら魚が海面に姿を現した。

イシガキダイだった

どうりでよく引くはずだ。この海域では珍しい良型だ。40cmは軽く超えている

磯へ上げてからメジャーを当てると44cmある。ぽってり肥えて2kgぐらいありそうだ。前さんが「ええイシガキやな」と言う。

次は前さんのサオが舞い込んで36cmのイシダイが上がる。サンバソウ級だがシマ模様の美しい魚だ。その後に私に38cmのイシダイがヒット。好調な食いだ。

次ページで釣果発表!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。