初心者だって釣れたよ!今が旬のアマダイ釣り!【相模湾・まごうの丸】

12月10日(月)、神奈川県相模原市にある釣具店、フィッシング相模屋主催の「アマダイ実釣会」が、相模湾茅ヶ崎港のまごうの丸で開催されました。験者と未経験者が半々の参加で結果はいかに?!

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

まずは釣り方レクチャーから

今回は少人数で、FMヨコハマのDJ井手大介さんを含め、経験者と未経験者が半々の9人が参加、乗合船に便乗。

6時半、参加者全員が乗船したところでミヨシに集まり、まずはアマダイ釣りの釣り方レクチャーが行われました。

基本的な動作は、オモリが着底したら底を小突いてアマダイにアピール、仕掛けを1m上げてアタリを待ちます。

アタリがなければ、また底に落として誘います。海底付近にいる魚なので、まめな底取りが大事。

アマダイ釣りスタート!

7時前に出船。私も参加者に加わって、右舷ミヨシ寄りに座り、およそ2年ぶりにアマダイ釣りに挑戦しました。

航程約15分で最初のポイントに到着。水深は約65m。

オモリ着底後、底を小突き、砂の煙幕にエサを通すイメージで仕掛けを1m上げてアタリを待ちます。

さっそく、エサをついばむような小さなアタリが2回あり、仕掛けを回収すると、オキアミの頭だけ食べられていました。

船中ファーストヒットは私の右隣、この釣り初挑戦の相原さん。

アマダイ特有の、ゴンゴンという引きに期待が膨らみます。

見えてきたのは赤い魚体で本命キャッチ!

1人にアタると船中連発も・・?

朝一ヒット続きだった小林さん

アマダイは砂泥底に巣穴を作り集団で生息しているので、1人が釣るとパタパタッとアタるのが特徴。

誰かが釣れたときは集中。すると、小林さんにもヒット。

左舷だけでなく、右舷トモの林さん、鈴木さん、ミヨシ側のこずさんと初挑戦の人が次々と取り込みます。

朝イチは反応がよく、ポイント移動後には左舷ミヨシの井手さんもキャッチしていました。

開始から約1時間。アタリが遠のいていた私の竿にようやく動きが。仕掛けをもう1m上げてみようとした瞬間、コツコツっとアタリ。

大きく竿を持ち上げて巻き合わせます。

10mほど手巻きで上げてから電動の低速巻きに変えました。ズッシリと重さを感じますが、ひん繁にゴンゴンっと引きます。

「アマダイかな~?」と、首を傾げつつも大物の本命に期待。

残り数m。見えてきた魚体は確かに大きいけど赤くない。

正体は40cmを超す良型のワニゴチでした。

嬉しいゲストも

この日最大40cm登場!

9時台は、全体的にアタリが遠のいていましたが、11時前、左舷胴の間の小山さんに、最大となる40cmの立派なアマダイ。

船中最大40cmのアマダイ

この日は潮が流れず、水深が深くなると船中でオマツリが多くなりました。

私も手前マツリがひん繁にあり、そのせいもあって午前中はまったくアタリがなかったので、相原さんにからまん船天秤を借りたところ、オマツリしなくなりました。

静かな時間が続いていた昼過ぎ、ようやく小さなアタリ。竿に重さはなく、引きもないので早めに巻き上げました。

しかし、上がってきたのは本命のアマダイ

20cmもない小型でしたが、きれいな魚体に感動

私にも良型が!

13時20分、よそ見をしながらおしゃべりしていると、竿が一気に引き込まれる強い引き

慌てて竿を立て、慎重に巻き上げます。本命特有の引きを楽しみながらあと3m・・・。

海中には赤く光る魚体が見え、「大きい」と思わず声が出ます。

無事に取り込み、メジャーで計測。サイズは39cm。良型を釣ることができ大満足でした。

船中釣果は0~6尾。ゲストはアカボラ、クラカケトラギス、アラ、ガンゾウ、レンコダイ、アジ。

沖上がり後は記念撮影。

「アマダイ釣りまたやりたいです」と、嬉しい声を聞くことができ、次の企画に期待にしつつ散会となりました。

船宿の前でパシャリ

<週刊つりニュース関東版 江成千鮎 /TSURINEWS編>

▼この船について
まごうの丸
エリア:相模湾(湘南)エリア
出船港:茅ヶ崎港

この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年1月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。