ぶといイカ=ぶどうイカ(マイカ)狙い!イカメタル【福井県・一美丸】

今回は釣友のかっちゃんに誘ってもらい、12月2日に福井県敦賀市敦賀港の一美丸へイカメタル釣行だ。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

ライト点灯前は底狙いから

現地には午後3時半の出船時間に間に合うように到着した。私たちの釣り座は抽選で船尾になり、航程1時弱でポイントに到着した。

今回のタックル

夕暮れ迫るなか、ゆっくりと準備してアンカーが降ろされスタートになった。

「水深は約80m、鉛スッテ20号で始めてください」とのアナウンスで、一斉に鉛スッテが投入された。

集魚灯が点灯されていないので、まずは底狙いから探り始めた。

波はそこそこで釣りづらくはないが、後半は波が出る予報だ。ライトが点灯される前は船中ヒットの声は上がらなかった。

ひとつ余談だが、今回狙うマイカは山陰地方などで秋から初冬にかけて釣れてくる「ぶどうイカ」とも言われる「ぶといイカ」である。

今回も満席で人気船の一美丸は、船長も若く気さくな男前だ。

初ヒットはぶといマイカ!

しばらくして、ライトが点灯されるとすぐにヒットのアナウンスがあった。ミヨシの方で歓声がわき、ダブルヒットもあったようだ。するとトモの私のお隣さんもヒット。

次は私かとティップに集中する。底からほんの少し浮かせたタナで、ギュウ~ッとティップが深くお辞儀した。

それを大きめにアワせると、しっかりとした重みがロッドに乗った。まあまあの引きを味わいながら、70m以上を巻き上げる。

ファーストヒットはマイカのぶといイカで、まさにぶどうイカという形をしていた。胴長は30cm近く、かなりメタボなイカで釣り味も十分だ。

タルイカも登場!

重量級のタルイカも

それからは底付近でボチボチとアタリが出るようになり、船中にぎやかになってきた。

そんな時、1人船室で爆睡していたかっちゃんが起きてきた。「お~釣れてる~」と、眠そうな目を擦りながら釣り座に着いた。

「もう少し寝ていてくれればいいのに~」とどこからともなく聞こえたような…。

すると、しばらくの沈黙の後、さすがのかっちゃんがロッドを曲げた。これも重量級のマイカだ。

しばらくは全員ほどよくアタリがあり、ボチボチだがヒットがあった。

そして、またしてもかっちゃんに強烈なヒットがあり、ブチ曲がったロッドは見るからにヤツの仕業だった。

その犯人はタルイカで4~5kgぐらいありそうだ。

船長のネットで無事キャッチ。

今年はタルイカの当たり年で、この日も船中6匹のタルイカが水揚げされたそうだ。

今回の釣果は?

結局、半夜便の終了時間が近づいた時、またしてもかっちゃんのラストスパートがあり、終盤に見事な連続ヒット。

仲間内でのトップ賞はかっちゃんの20匹で、私は14匹だった。

そして、船中トップ賞は群を抜いて釣っていた私のお隣で38匹。

イケスはパンパン!

その人に話を聞くと、とにかく底周辺をじっくり丁寧に探るのがこの時期に釣果を上げるコツだと教えてもらった。

今後の見通しとしてはまだまだ出船するとのことなので、ぜひ皆さんもメタボなマイカを狙ってみてはイカが。

<週刊つりニュース中部版 APC・土屋英孝/TSURINEWS編>

▼この船について
一美丸
エリア:敦賀エリア
出船港:敦賀港

 
この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年12月21日号に掲載された記事を再編集したものになります。