モンスターフィーバー!4人でタルイカ60杯超え!【福井県・大樟港】

11月末、福井県・越前町大樟(おこのぎ)港から日本海のモンスターと呼ばれるタルイカに半夜便で挑んだ。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

連日の早上がりに期待大!

今回は妻からも「年末年始の手土産にタルイカ欲しいから釣ってきてね」とうれしい後押しがあった。

釣友の奥平さんと杉山さんと一緒に福井へ向かい、港で舟津さんと合流する。午後3時すぎに港に到着して船長に近況を尋ねると、

「タルイカは絶好調で連日早上がりしている」らしい。当日は低気圧の通過後で大きなウネリは残っていたが、徐々に収まる予報だった。

天秤仕掛けのエサ釣り

仕掛け図

午後3時30分に出船。

航程50分、水深225m付近でパラシュートアンカーが投入された。

沖は少し波が高いがタルイカ釣り日和だ。

私は右舷トモ、奥平さんが左舷トモに座り、釣友2人はミヨシで準備を整える.

全員テンビン仕掛けで、船長から借りたタルイカ専用の金グシに支給された冷凍サンマを付けて釣り始めた。

サンマ1匹を口刺しにして仕掛けを落とし込む。

「オモリ120号、タルイカのタナは60~100m付近で誘ってください」とアナウンスが入る。

さらに「全員タルイカ10杯超え狙いで頑張ってください」とゲキも飛んだ。

連日の好釣果もあって期待は大きい。

まずは胴長55cmから!

強烈な引きで釣りあげた

15分後、サオ先が軽く突っ込んだ。早速うれしい瞬間だが、絶対に早アワセは厳禁。サオ先が海面に入るまで我慢するべし。軽い突っ込みが続き、やがて豪快に海面に入ったところで巻き上げる。タナは100m付近だ。

一進一退を繰り返しながら浮上させると、船長の素早いギャフ入れが見事に決まった。足元に日本海のモンスターが横たわる。

当日の初タルイカは胴長55cm前後。

このイカの相方が一緒に水面まで上がってきたと船長が言う。すると右舷ミヨシの舟津さんが「タル乗ったよ」と大声を上げた。すかさず奥平さんも「俺も乗ったぞ」と声を上げ、船上は一気に騒がしくなった。

奥平さんのサオは豪快に曲がり、強烈な突っ込みでラインが引っ張り出されている。巻き上げ途中の強烈な突っ込みは本当にすごかった。2人とも無事に胴長55cm前後を上げて笑顔になった。

時合いでタルイカフィーバー

やがて頭上の集魚灯が点灯するとタルイカの大フィーバー祭りが始まった

杉山さんも遅ればせながら豪快にサオを曲げる。そんななか、全員が 「きた」「乗った」「俺もきた」とうれしい悲鳴

船長のギャフ入れが間に合わず、私と奥平さんはお互い協力してギャフ入れを担当。重量感ある引きが連続する緊張のシーン、ギャフ入れの冷や冷や感を楽しんだ。

10kgオーバーの巨大モンスターの姿はなかったが、全員がタルイカの大爆釣を満喫する。

そして午後8時前には時合いに突入。数値60m付近でタルイカ群団がウロウロしているようで、全員が無我夢中で豪快な引きを堪能した。

船中タルイカフィーバー

最終釣果は?

自分も含めて全員10匹以上

全員がタルイカを10匹以上釣り上げて満足したので午後9時に早上がりした。

私の釣果はタルイカ45~60cm16匹。サオ頭は奥平さんで20匹。4人の総釣果は40~64cm61匹。

全員バラシもなく、当日のモンスターは食欲旺盛だった。

これから北陸地方は北風が吹いて荒れた日が多くなるが、そんな日がタル釣り日だ。防寒対策を万全にして日本海のモンスターに挑もう。年末年始の料理にも最高だ。

<週刊つりニュース中部版 APC・鈴木利夫/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
出船場所:越前町大樟港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年12月21日号に掲載された記事を再編集したものになります。