沈め探り釣りで寒チヌ12尾!フカセ釣り満喫【兵庫県・武庫川一文字】

11月末、兵庫・武庫川一文字へチヌ狙いのフカセ釣りに出かけた。全長4.5kmの広大な沖堤に、武庫川渡船を利用して午前7時の便で渡堤した。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

当日のタックルとエサ

持参したまきエサ

当日は無風の晴天に近く、中潮で午前9時半過ぎに干潮に近づく朝イチ狙いの潮回りだ。

仕掛けは、サオががま磯チヌスペシャル黒冴0.6号5.3mにリールは2500番台のレバーブレーキ付きを使用。ミチイト1.7号に1号負荷のカン付きウキを付け、ハリスは1.2号、チヌバリ3号を使用した。

当日のまきエサは生オキアミ3kgに対して俺のチヌ2袋を混ぜ合わせたものを使用し、さしエサは生オキアミ、コーン、ネリエサを持参した。

まずは沈め探り釣りから

釣り場はタチウオ狙いの人で満員だが、適当に空いている場所を探して外向きに釣り座を構えた。

1号負荷のウキに1号のオモリとG3のガン玉を打ち、仕掛けがなじんでからゆっくりウキが沈んでいく、沈め探り釣りで開始した。

水深が10m以上ある上に潮流が複雑なので、重めの仕掛けで沈めた方が有利と考えたからだ。

開始2投目でアタリは出ずに、さしエサのオキアミが明らかにチヌにかじられた痕跡を確認したが、一向にアタリが出ない。

さしエサの丸残り返却が続くので、タナを少しずつ深めに探るも反応は出ない。

昼前から活性アップ!

約50㎝のチヌ

無反応の時間が2時間ほど続き、やっと当日1匹目を釣り上げるも以降は再び沈黙。もう一度仕切り直して、中層から探っていくと、あっさりウキ入り。よく引く魚体は50cm少し切れるか…という立派なチヌだった。

朝イチの低いテンションからは考えられないほどのウキ入りで、正午までに40cmオーバー4匹をキープして昼食をとり、第2ラウンドに進む。

潮位が低いので、アタリがないと思いランチタイムを入れたが、ランチ後すぐにアタリ。こんなことなら食事なんかしている場合ではなかったと後悔しながらサオを振る。

サオ下でも、サオ2本ほど沖へ投げてもアタリがあるが、時々良型のサンバソウが掛かる。うれしい外道だ。

最終釣果

夕方、日が傾き始めるころ、晴天だった空が薄曇りになり、ますます気配が増してきた。

ほぼ入れアタリの時間もあり良型10匹を釣り上げたところで、ホッと一息つくも、また釣りたくなるのが釣り人の性(サガ)。

午後5時の迎えまでに、サンバソウ4匹と40cmオーバーのチヌ12匹となり、簡単な釣り場の清掃をして納竿した。

<週刊つりニュース関西版 APC.秦厚治朗 /TSURINEWS編>

▼この釣り場について
武庫川渡船
この記事は『週刊つりニュース関西版』2018年12月21日号に掲載された記事を再編集したものになります。