親子で寒ビラメを狙う!息子オデコ危機回避!?【茨城県・幸栄丸】

12月10日(月)、茨城鹿島の幸栄丸へ。好釣果が続き、食味が旬を迎えているヒラメを狙って、息子の渓太と二人で釣行。息子はこの釣り初挑戦だ。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

早々に船中アタリ頻発!

5時半すぎ、16人を乗せた2号船は松丸健一船長の操船で出航。航程40分ほどでポイント着。

「水深は17m。潮が速いので、ミチイト1号以下のライトタックルはオモリ80号。ノーマルの人は100号でお願いします。」のアナウンスで仕掛け投入。

私は目玉オモリ80号のライトタックル。息子はノーマルで開始。

私達の釣り座は右舷側。最初の流しでは潮下になり、仕掛けは払い出していく。北風が強くウネリがあり、船の上下動はかなりの落差。

釣りづらいが、ひと流し目からアタリはひん繁。左舷ミヨシ3番の広田さんがライトタックルで良型を仕留めると、右舷胴の間の福田さんはノーマルタックルで食べごろサイズ。

福田さんに食べごろサイズ

私にも本命が掛かり、船長の「アタッた、アタッた」というマイクパフォーマンスが響き渡る。流し変えるたびに誰かの竿が曲がるという好調が続く。

仕掛けにひと工夫!

細野さんにグッドサイズ

9時、右舷ミヨシ2番の細野さんは、ノーマルタックルで絶好調。2.5kgのグッドサイズを追加。

同氏はシーフードレストランのオーナーで「釣ったヒラメはカルパッチョやアクアパッツアで提供している」とのことで、釣りに対する気合はかなりのもの。

仕掛けをいろいろと工夫していて、親バリと孫バリの距離は10cmと短い。「長いと、ハリスがたわんでしまい、食いが落ちるような気がします。エサが弱らない程度に張りを持たせた、直線状態を意識しています」と教えてくれる。また、竿はコマセマダイ用を改良して、食い込み重視だった。

息子もオデコ逃れ

9時半、20分ほどの小移動。水深はあまり変わらないが、潮流はやや緩やか。ここでもアタリはひん繁。左舷胴の間の小深山さんと岸野さんが取り込む。

沖上がりが近づいてきた。船中のみんなが型をみたなか、ひとりだけ蚊帳の外にいる息子。ここまでノーフィッシュで、見かねた船長がレクチャーしてくれる。「ウネリが大きいうえ、竿が硬調子で、海底で仕掛けが跳ねています。ハリスを少し切って短くしましょう。」と言って、調整してくれる。

しばらくすると「息子さん、アタッた、アタッた」のアナウンス。見れば竿先に、この日、初のアタリ。「まだだよ、まだだよ。待って、待って、よっしゃ、いまだリール巻いて」の船長の掛け声のもと、無事フッキング。

慎重にリーリングして1.5kgが無事にタモへ。息子はオデコをまぬがれて、満面の笑顔だ。船長も自分のことのように喜んでくれた。

息子にも本命がヒット

今回の最終釣果

船中釣果は細野さんら、規定数の10尾を達成した人たち。私は8尾だった。

筆者の釣果

息子は「何度も気持ちが折れそうになったけど、船長が優しいアドバイスをしてくれて、最後には、ヒラメを上げることができて本当によかったよ。また来たいね。」と言った。

私たちは心がおおいに和んで帰路についた。

<週刊つりニュース関東版 APC・間宮 隆/TSURINEWS編>

▼この船について
幸栄丸
エリア:茨城エリア
出船港:鹿島港

この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年12月21日号に掲載された記事を再編集したものになります。