今週のヘラブナ推薦釣り場【茨城県・横利根川周辺】

寒さが増し各釣り場の釣果が下降気味になると脚光を浴び始めるのが、盛んに放流が行われている釣り場だ。佐原向地にある横利根川はその代表格。今季すでに2回の放流が実施され網中は爆釣が続出。ところが仕切り網から逃げた魚により網外も高活性化するのを忘れてはいないだろうか。〝落ちベラ〟を狙っていい釣りができるこの時期を見逃す手はない。今回は北利根寄りの旧湖東小学校前周辺を中心にガイドする。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

概況

周辺地図

常陸利根川(北利根)から入ってくる魚と網中から逃げた魚が交ざり、横利根機場寄りは思いのほか魚影が濃い。

網中に新ベラが放流されると、なぜか網外も好調になる。断定はできないが、網中からの逃亡魚が網外にいる魚を刺激して活性が上がるものと思われる

これまで釣りのジャマをしていたアメリカナマズなどのジャミが静かになり、横利根本来の底釣りを楽しめる時期が到来した。

ただし季節風で寒さも増すので、防寒対策はしっかりしたうえで釣行したい。

詳細ポイント

旧湖東小グラウンド前を中心に、上下300mは西・東岸とも通年狙えるポイントが多数ある。

同グラウンドから300mほど横利根大橋寄りの東岸にある大きなクレーン前周辺は駐車スペースがあり、水深2本ほどの底釣りに実績がある

クレーン前周辺

グラウンド前の駐車スペース~民家前は水深2本強で、過去に何回も大釣りをした経験がある。足元から竿11尺ラインまではカケアガリなので狙ってみたくなるが掛かりも多いので沖め狙いが無難かもしれない。

旧湖東小の門前から川岸へ出た付近も上下流20mほどがポイント。手前の底の状態がよくないので竿15尺以上がいい。

西岸は横利根マリーナ並びの駐車スペース付近がよく、川を正面に見て左は舟が出入りするスロープまで、右は同マリーナのビル前までがいい。東岸より多少深く底の状態もいいので10尺竿前後でも釣れることはあるがリスクも大きいので、15~18尺竿での沖め狙いが無難だろう。

西岸マリーナ周辺

次ページは釣り方を紹介