タチウオパターン開幕!ジギングで85cmブリ【大阪府・シーライド】

10月前半、天気予報で紀北、明石方面を確認すると出船できそうだったので、大阪・泉佐野から出船しているシーライドへ電話した。当日は紀北へ。ジギングでブリをキャッチするのが目標だ♪

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

魚探に反応あるも食い悪く・・

午前7時に出船し、40分ほどでポイントに到着する。水深は30mほど、潮はそこまで速くない。

130gのシルバー系セミロングのジグを付けてフワフワとシャクっているがまだ誰もヒットしない。魚探には底から10mまで姿が映っているが、青物の食いは悪く潮も緩くなってきた。

ポイントを移動、水深は40~60m。ジグを150gにかえシャクっていると、船長が「下から15mくらいまで映ってきた」とアナウンス。

大アジ狙うも・・

するとコツンと中層辺りで何かがアタるが掛からない。

すると横の人がヒット。しかし、走ってはいるが重くはなさそうだ。何かと思っていると40cmはありそうなアジだ。ミヨシの人も同サイズのアジをヒットさせた。

このサイズだと超おいしいアジなので、私も釣りたい気持ちでいっぱいだ。

アタリがあった層をていねいに探るとヒットするが、身切れを起こしたようでフックオフ。

口が弱いアジだったかもしれない、残念だ。

タチウオパターンでヒット!

目指すはブリ

正午前になりさらにポイントを移動し、ブリが上がるポイントへ移動した。水深は50mほど。

ここのブリはタチウオを捕食していると聞いていたので、ジグもシルバーのロング系160gを付ける。

しばらくすると、隣の人に大物がヒットするが残念ながら途中でフックオフしてしまった。ブリは居るようだ。船を着け直す時にジグをさらにロングの230gシルバーにセットし直した。

フォールと誘いをかけると大型の手応えがした。フッキングを複数回入れ、大型と格闘。

見えてきた魚体は間違いなくブリ、しかも大きい!だが一瞬、気を抜いてしまいフックオフしてしまった。

次ページで連発&大物が!