ティップランエギング:5人で約300杯!【石川県・シーブリーズ】

9月後半、私たち5人は石川県・穴水町に向けて出発した。今回のメンバーは大矢君、西本君、保坂君、藤方君と私の5人。現地には午前4時半ごろに到着し、新崎港のシーブリーズ船長の山瀬さんとあいさつ。

石川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

朝の時合いは短時間

出港は午前5時で、ポイント到着は6時少し前だった。

あいにくの雨だったので、皆ゆっくりアオリイカのティップランの用意していた。

タックル図

しかし、船首の方では1投目から「キター!」と1人騒いでいる声が聞こえた。連続でヒットさせているのは大矢君で、あっという間に10匹を釣り上げていた。

遅れをとった4人にもポツリポツリとヒットが続いたが、朝一番の時合いはあっという間に終わってしまった。しばらく移動を繰り返し、全員安打を達成。雨もやみそうな雰囲気で、ローライトの曇天になった。

ポイント当たれば連発

いいポイントの上に来ると、たちまちヒットの連続になる。水深は10~18mぐらいが多く、時には10mを切る浅いポイントでもヒットがある。

エギは2・5~3号ぐらいが良く、着底のライン角度でオモリを足していく。

ただし、着底が遅いと連続ヒットに乗り遅れることもたびたびあった。釣れるアオリイカも小型ばかりではなく、トンカツサイズが平均で引きも十分楽しめた。

十分な引きを楽しめるトンカツサイズのアオリイカ

天候悪化で湾内へ

移動を繰り返して探っていたが、少々白波も目立って荒れ気味になってきた。そのタイミングで湾内の穏やかなポイントへ移動した。

すると、他船も多く避難しており、激戦区の様相になっていた。

さすがに探られた後はアタリも少なく、ポツリポツリとヒットがあるだけで沖のポイントとは全く違う釣れ方だ。

だが安全第一。後半には風も落ち着く予報なので、しばらくまったりタイムで食事に手を伸ばした。

次ページで爆釣!!