エサハゼ釣行:2時間半で良型本命42尾【東京都・新左近川親水公園】

9月後半、東京都江戸川区にある新左近川親水公園でハゼと遊んだ。正味2時間半の釣行だったが、満足の釣果となった。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

ポイント&タックル

15時過ぎ、中左近橋に到着。潮が上がり始めており若干、流れがある。橋下のゴロタ石に座り、ヘチの淀みに群れる魚を狙う。

タックルは2.4mのノベ竿にミチイト0.8号を竿いっぱいに結び、ハリス0.4号5cm、ハリはソデ3号を結んだシモリ仕掛け。

軸付きセル玉8mmをゴム管止めした下に中通しセル玉5mmを1個付け、板オモリですべてのウキがゆっくりと沈むように浮力調整。エサは赤虫を3匹房掛けにして使用。

幸先の良いスタート

良型が釣れた

水深は50cmほどで、トップのウキが水面下5~10cmになるようにウキ下を調整。ヘチの水中に見える石の間に静かに仕掛けを投入。

すると、すぐにウキが動く。ナジんだあとスーッと横に引かれたので、少し間をおいて聞きアワせると、竿先からプルッとしたシグナルが伝わる。水面を割って12cmの本命が登場し、幸先いいスタート。続けて9~12cmが5尾まで入れ掛かり。

このあと、アタリが多いものの、ハリ掛かりしないこともあったが、誘いとアワセのタイミングを変えていくとポツポツ釣れた。

次ページでポイント移動