サーフ投げ釣り:秋ギス130尾!2人で半日釣果【鳥取砂丘海岸】

これから晩秋にかけて、砂浜からの秋ギス釣りがハイシーズンを迎える。活性が高くてエサへの反応はすこぶるよく、小型主体だが数釣れて食味も抜群だ。この魅力あふれる好ターゲットと存分に遊びたいと、下見を兼ねて、9月前半に釣友と数釣りには定評ある鳥取の鳥取砂丘海岸へ釣行した。

鳥取県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

当日の状況とタックル

現地に午前6時ごろに到着。

台風21号の影響を心配したが、天気もよく、強い追い風が吹いているので、波も抑えられてコンディションは最高。

これなら釣れそうだと、好ポイントの砂丘下で二人並んでサオを出す。

タックル図

私のタックルは、投げザオは細くて高反発の『トーナメントプロキャスター30号』の405、リールは『トーナメントサーフ』。キスバリ5号の10本バリにチロリを刺して軽くキャスト。

セイゴの多点掛け・・・

イトふけを取ってスローで引くと、すぐにゴンゴン、ゴンゴンと力強いアタリが連発した。しかし、上がってきたのは何と20cmほどのセイゴのトリプル…。

それからも、アタリが出るのはセイゴばかりでうんざり。

仕方なく「キスは足で釣れ」と言われるように、ポイントを探しながらどんどん西方向へ探っていく。

好ポイント発見

中本さんはイシゴカイのエサで狙っているので、私よりも外道のセイゴが少なくてポロポロと小型キスをヒットさせている。

ただ、単発では面白みがなく、数も期待できない。

秋ギスは群れを作る習性があるので、歩きながらキスの寄り場を探していると、8時ごろにようやく期待できるワンドを発見。

ここなら釣れそうと、ハリいっぱいにチロリを刺して斜めにキャスト。ポイントを長く引く作戦だ。

次ページで作戦の成果は?