【2022年・秋】クロダイ狙い堤防フカセ釣り入門 タックル・エサ・釣り方

【2022年・秋】クロダイ狙い堤防フカセ釣り入門 タックル・エサ・釣り方

秋の深まりとともに深場に落ちていくクロダイの荒食いが、身近な波止や堤防で最盛期を迎える。人気ターゲットのクロダイだけでなく、さまざまな魚がサオを曲げてくれて、初心者でもチャレンジしやすく楽しめるシーズンとなる。そこで今回は、手軽に狙える波止からクロダイのフカセ釣りを紹介したいと思う。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 濱田晃行)

Avatar photo TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

釣り座の選定

釣り人の心理として波止に行くと先端周りに行きがちだが、クロダイ狙いならむしろ避けた方が好場となる。狙いめは先端から20mほど手前。反転流が発生しやすく、潮が緩くなり攻めやすいポイントとなる。

【2022年・秋】クロダイ狙い堤防フカセ釣り入門 タックル・エサ・釣り方釣り座の様子(提供:週刊つりニュース中部版 濱田晃行)

横長の護岸などは少しでも変化がある場所が狙いめ。際には敷石が投入されていることが多く、きれいに並んでいるようでも、途中で崩れていたり一部切れていたりすることがある。このような場所には、エサになるカニやエビなどがたまり場になっていて、自然とクロダイも寄ってくるポイントとなっている。まずは変化を探してみることが、釣果への近道となるだろう。

まきエサでポイントを作る

クロダイ狙いはまずまきエサでポイントを作る意識を持つこと。一点集中で投入し、底に集魚剤の内容物であるムギやコーンをためて、その中にさしエサをステイさせるイメージで仕掛けを操作しよう。

【2022年・秋】クロダイ狙い堤防フカセ釣り入門 タックル・エサ・釣り方まきエサを打つ様子(提供:週刊つりニュース中部版 濱田晃行)

まきエサはヒシャクで打つが、カップの大きさがS、Mサイズがあり、釣行場所の水深が5m以内の浅場だとSサイズ。それより深い場合はMサイズを使うといい。深場にまきエサを効率的に届けようとすると、Mサイズで大きいまきエサを固まりで打った方がダイレクトに届くからだ。

浅場では散らばるように打って煙幕を作る、玉打ちをして底にためる、といった打ち方を明確にして組み立ててもらいたい。その時の状況にもよるが、良型ほど底付近にいるので上方に煙幕を作り、反応のいいエサ取りや小型のクロダイを寄せる。固まりで打って底の良型にアピールするイメージだ。

エサ取り対策は?

エサ取りがキツいときは、まずさしエサのローテーションでかわしていく。食い込みのいいオキアミから始めて丸エビ、ダメならねりエサ。さらに固いエサのコーンやサナギに移行して狙っていく。

ねりエサは形や大きさに変化をつけてエサ取りをかわし、黄色や赤、茶色など色や原材料の違うものを混ぜて使うことができてバリエーション豊富で重宝する。いろいろ試してその日の当たりエサを見つけてもらいたい。

【2022年・秋】クロダイ狙い堤防フカセ釣り入門 タックル・エサ・釣り方サオの引き込み(提供:週刊つりニュース中部版 濱田晃行)

さしエサローテでもかわせないときは、まきエサの外側、前後左右をエサの残る場所を探してみよう。意外に外側をうろついている個体もいるからだ。時には海中状況の情報収集として、まきエサなしで仕掛けを投入してみること。あくまでも見えない海中をイメージしないと釣果にたどり着けないので、さまざまなことを試してみる必要がある。まきエサの中にさしエサを置くことを中心に、置き場所のローテーションで探っていこう。

あと1つ、参考にしてほしいのが、仕掛け(さしエサ)の投入タイミング。基本的には仕掛け投入後にまきエサを打つが、仕掛けがナジんでさしエサが底に着いた辺りでまきエサを打つのも効果的。アジやコッパグレがエサ取りのとき、上層に寄りやすいので極端な時間差をつけるとさしエサが残りやすくなる。

逆にフグなどはまきエサに付いて底に沈んでいくので、まきエサの投入後タイミングを探りながら仕掛けを投入するといい。

今回紹介したさしエサ、仕掛け投入ポイント、投入タイミング、それぞれをローテーションして狙っていってもらいたい。

安全装備と清掃

手軽な波止でも着用しなければいけないのがライフジャケット。どんな遊びでも命の危険は付き物だ。最近では種類も多く、動きの妨げにならないものが販売されているので、必ず着用してもらいたい。

【2022年・秋】クロダイ狙い堤防フカセ釣り入門 タックル・エサ・釣り方フカセ釣りで釣ったクロダイ(提供:週刊つりニュース中部版 濱田晃行)

今回紹介したフカセ釣り。釣り座には必ずこぼれたまきエサが散らばっている。納竿後の清掃と洗い流すことを忘れずにお願いしたい。次に訪れる人のためにもお願いしたい。

以上を守って波止クロダイを満喫しに行きましょう!

<週刊つりニュース中部版 濱田晃行/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年11月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。