山梨・桂川での渓流エサ釣りで尺イワナに尺ニジマス手中に満足

山梨・桂川での渓流エサ釣りで尺イワナに尺ニジマス手中に満足

9月5日(月)、山梨県都留市から富士吉田市を流れる桂川へと今季2回目の桂川渓流釣行。今回も前回同様に渓流釣り仲間の長谷川さんと、良型の渓流魚を求めて釣りを楽しんだ釣行をレポートしよう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

なおぱぱ

ライター紹介文→関東を中心に季節問わず1年中釣りを楽しんでおります。執筆しながら色々と成長をしていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

×閉じる

淡水の釣り 渓流釣り

桂川都留漁協管轄区域

都留漁協では管轄区域が『都留市~富士吉田市の本支流』となっており、例年3月~9月まで月1回第1日曜日に広範囲に渡り定期放流があり、漁協HPで公表されているとおり1度の放流でも約9000~13000尾と凄まじい数である。9月4日(日)の放流は定期放流11000尾とのことで、期待を込めての釣りとなった。

タックル

7.5~8.0mズーム仕様の本流竿に、ミチイト0.8号を竿いっぱいに結び、通し仕掛けでサクラマススペシャル8号バリを結ぶ。目印は3つ付けて、オモリのガン玉はB・2Bを流れの強弱や状況に合わせて加えて使用した。エサにはミミズを用意して、状況によりクロカワムシを取る予定。

朝イチで早々に釣果を得る

現地到着は明るくなり始めた5時、仲間と現地合流して日釣り券を購入だ。仲間と何処に入るか思案しつつ、とりあえず無難な区間へと車を移動して準備開始。ポイントを外した時のことを考えつつも第1区間に入渓して釣り上がっていくと、2人ともすぐにレギュラーサイズのニジマスが掛かり釣果を得た。

山梨・桂川での渓流エサ釣りで尺イワナに尺ニジマス手中に満足釣友の釣り姿(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

仲間にヤマメ私にイワナ

そして釣り場を分担しつつ遡行していくと、レギュラーサイズのニジマスを交えつつ、仲間に20cmのヤマメが掛かり、私は大場所で粘り25cmのイワナが釣れた。2人とも同じような釣果で4尾ずつだが、幸先としては悪くない。

区間移動を考察する

開始2時間程度経過するが、下流からエサ師が上ってきて上流からルアーマンが釣り下ってきた。我々もアタリがなくなり、移動を考慮して作戦会議する。仲間も前回入渓していないエリアに入らせてみたいこともあり、迷走しつつも上流域の前回入りそびれたエリアに向かうことに。

区間移動でバラけて釣り開始

ここで、仲間が「面白そうな大場所があるのでやる」というので、上流で合流することにして私は区間の先を目指した。

私の上流には釣り下りが2人居たが、ジェスチャーで理解があり大場所を避けて竿を出さずに遡行していき、さらに上流で私は竿を出すことに。

山梨・桂川での渓流エサ釣りで尺イワナに尺ニジマス手中に満足場所を移動し大場所を攻める(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

次のページで大イワナが連発

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。