渓流エサ釣行:イワナ&大アマゴと戯れる秋の渓【長野県・木曽川】

危険な最高気温という言葉も耳になじむほどの猛暑日が続き、経験上最悪の状態だった中部の各河川だが、お盆とともにやってきた不安定な大気がもたらした夕立のおかげで、息を吹き返したようだ。8月後半に倶楽部の釣友・吉村政治君と木曽でもぶらついてみようかということになり、午前3時すぎには中部縦貫道をひたすら北上していたのだった。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

まずは付知川にて

当日のタックル図

当日は朝一番だけ仕事がある吉村君の予定に合わせ、朝マヅメは彼の自宅の目と鼻の先の恵那漁協管内の付知川で釣ることにした。

田瀬地区の広場に車を止め、着替えで下着になると肌寒い。車の気温計は14度を指している。

ポイントまでの数百メートルの林道のすがすがしかったこと。ついぞ感じたことのない爽快さに気分は高揚する。

大アマゴと対面

いつもの大淵は、高水のせいで流れ込みからの波立ちが太く長く伸びている。8Bから始めたオモリが足りず、さらに3Bを追加して底を確認。

大小のウグイは活発で、時々サオを曲げてくれるが本命のアタリは遠く、アマゴの姿は全く拝めないまま、時計は午前7時半を回る。

相棒と落ち合う時間もあり、ポイントを変わるのは無理。焦りを感じ始めたころ、ウグイアタリが遠のいた。もしかしたら時合いかと、気合を入れ直して仕掛けを送ること数回。水面を滑っていたオレンジの目印がスーッと滑らかに水没した。

あおったサオ先は水面へ向かって突き刺さり、魚は下手へと一直線。上手に倒したサオが弓なりにしなって強引をいなすと、今度はSの字を描きながら川底を上流へ突き進む。

付知川で大アマゴをキャッチした

寄っては離れを数回繰り返した後、大アマゴは付知川に身を横たえた。わずかに尺を超える魚体は少々スレンダーだったが、付知育ちに相応しい美しい魚体。透かして見るとほんのり婚姻色も浮き、秋を感じさせる魚だった。

直後にやや小ぶりのアマゴを追加できたので、意気揚々と吉村家に凱旋した。

釣り仲間といざ出陣!

ちょうど用事が済んで帰宅した彼のもとに、もう1人近所の釣り師が出現。青山健一さん(健ちゃん)だ。健ちゃんは、川原で鶏ちゃんを振る舞ってくれたり、自前の野菜をお裾分けしてくれたりする、とっても気のいい人だ。

野良仕事の真っ最中だった健ちゃんを無理やり誘って、怠け者の釣り師3人組が車中の人となったのは、午前9時を大きく回ってからだった。

次ページで第2ラウンド開始!