玄界灘テンビンイサキ釣りで釣果多彩 アカイサキにレンコにタカバなど

玄界灘テンビンイサキ釣りで釣果多彩 アカイサキにレンコにタカバなど

3月29日、福岡県宗像市・大島の第二大福丸(古賀船長)で玄界灘のイサキ釣りに釣友の手島さんと釣行した。私の釣果はアカイサキ、チカメキントキ、レンコ、タカバ、アラカブなどで、五目釣りができた当日の釣りの模様をリポートしたい。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

第二大福丸でイサキ釣り

午前5時前、メンバーの小幡さん、山口さん、大野さん、河原田さん、音林さんが集まったところで出船、波もないのでポイントへ向かって順調に進んだ。釣座が決まるとエサも配ってもらい、私はオキアミが凍っているのですぐに海水で解凍させた。

玄界灘テンビンイサキ釣りで釣果多彩 アカイサキにレンコにタカバなどタックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

ポイントに着いたらすぐに探見丸で海底の様子を見る。イサキは海底の起伏の激しい場所で小魚やプランクトンなどを捕食しているようだ。ポイントの水深は98~100m、船長からは92mで釣るよう指示がでた。

開始早々アカイサキ続々

1投目、大きくはないアタリがありサオ先が少し曲がったくらいだが、上がってきたのがはアカイサキ500gだった。このアカイサキは、釣り方によってサイズが違ってくるので、船長の指示ダナを中心に探って釣るといい。

右舷胴間の手島さんは、最初からアカイサキをダブル・トリプルと掛け、その横で釣っていた小幡さんもアカイサキ1kg前後を釣った。

玄界灘テンビンイサキ釣りで釣果多彩 アカイサキにレンコにタカバなどアカイサキがダブル(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

1kg級イサキも登場

右舷船尾の山口さんを見ると、イサキ28cm級を3尾釣っており、左舷ミヨシで釣っていた河原田さんはアカイサキ1kg級、その横の大野さんを見るとアカイサキ1kg前後をそれぞれ掛けていた。

玄界灘テンビンイサキ釣りで釣果多彩 アカイサキにレンコにタカバなどイサキ1kg級ゲット(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

船長に聞くと、イサキはまだ沖から入ってきていないようで「もう少し時間がかかるのかな」と言っていた。

玄界灘テンビンイサキ釣りで釣果多彩 アカイサキにレンコにタカバなどアカイサキ安打(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

今回も、私はイシダイを狙っていたが2回ほどハリス6号を切られ、イシダイではと思われるアタリのみで不発に終わった。

次のページでゲストも多彩で五目達成!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。