ゼロから始めるカヤックフィッシング:秋はアオリ狙いのエギング絶好機

ゼロから始めるカヤックフィッシング:秋はアオリ狙いのエギング絶好機

筆者にとってカヤックフィッシング初秋の定番ターゲットといえば「アオリイカ」だ。今回は、カヤックでアオリイカを狙うノウハウについて、陸っぱりと異なる点を踏まえてお伝えしたい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターNoni)

Noni

1980 年、香川生まれ。2 児の父。瀬戸内海でのカヤックフィッシングを中心に、ソルトゲームを楽しむ。

×閉じる

船釣り シーカヤック

カヤックだけが行けるポイント

近年のエギングブーム、釣りブームで、陸っぱりから狙えるアオリイカのポイントは人で溢れ、スレてしまうのが早い印象がある。カヤックフィッシングの最大のメリットは、手つかずの”サオ抜けポイント”を直接訪れることができることだ。

特に秋のアオリイカは比較的数が多いため、陸っぱりの有名ポイント付近でちょっと回り込んだところにある地磯のような場所なら期待大だ。

ゼロから始めるカヤックフィッシング:秋はアオリ狙いのエギング絶好機アオリイカの居そうなポイントの一例(提供:TSURINEWSライターNoni)

エギングタックル

使用するタックルは陸っぱりのエギングタックルで問題ないが、できるだけロッドは短い方が取り回しがいい。ラインはPEラインの0.8~1号程度となるが、後述するように視認性の観点からすると太い方がいいかもしれない。合わせるリーダーは1.5号前後を選択。

カヤックの場合、根掛かりしても反対側に回り込んで回収できることが多い。また、どうしても回収できない根掛かりの際、あまり強いリーダーにしているとPEラインが切れてしまってカヤック上でノットを組み直す必要が出てくる。なので、あえてリーダーから切れるセッティングにしている。

使用するエギはこの時期だと2.5号~3号程度で、カラーはピンク・オレンジ系を定番として他はお好みのものを持ち込むと良いだろう。

ゼロから始めるカヤックフィッシング:秋はアオリ狙いのエギング絶好機使用するエギ一例(提供:TSURINEWSライターNoni)

カヤック上で行うエギングの特徴

釣り方は陸っぱりのエギングとほとんど同じだが、異なる点は「岸(浅場)にキャストして、沖(深場)に巻いてくる」ことだろう。キャスト後の着底は早く、カヤックに近くなると深くなる。しっかり探りたいならディープタイプのエギや、板(イト)オモリを追加したエギを活用するといい。しかし、カヤックだと移動しながら広範囲を探ることができるので、中層までを効率よく探る方法も有効だ。

さらに陸っぱりのエギングとは異なり、座って行うカヤックエギングでは「自分が移動してしまうこと」「水面が近い」という特徴がある。小さなアオリイカのアタリは非常に取りづらい。エギをパッとつかんでパッと離すことを繰り返している。

そんな繊細なアタリを捉えて釣果アップさせるポイントは「ラインの変化を見て即アワセすること」「戻ってきたエギの後方にイカが居ないか確認すること」の2つだ。いずれも目視に頼ることになるため、偏光グラスが活躍するだろう。

ゼロから始めるカヤックフィッシング:秋はアオリ狙いのエギング絶好機濃い色を背景にするとラインが見やすい(提供:TSURINEWSライターNoni)

カヤックなら釣りやすい

秋のアオリイカはカヤックフィッシングで狙う最適なターゲットのひとつだと言える。陸っぱりのエギングでなかなか釣れないという方も、カヤックなら簡単に釣れてしまう。筆者もその一人だ。

お住まいの地域でアオリイカシーズンが始まったという方は、カヤックで秘密のマイポイントを探してみてはいかがだろうか?

ゼロから始めるカヤックフィッシング:秋はアオリ狙いのエギング絶好機墨まみれになったカヤック(提供:TSURINEWSライターNoni)

<Noni/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。