船宿めぐり・磯屋【神奈川県相模湾】

湘南茅ヶ崎は、広大なビーチが広がり、サーフボードをかかえた人が行き交う。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

その他 インタビュー

笑顔で新鮮なエサと情報を

いつもニコニコ笑顔で出迎えてくれる。

船釣りの出船港として人気のほか、砂浜からの投げ釣りや磯釣りと多様に楽しめるフィールドとして、ビギナーからベテランまで一年を通して釣り人の姿が絶えない。

サザンの歌で有名なエボシ岩ほか沖磯に釣り人を送迎する渡船、エサや釣具販売を営む磯屋。

加藤あき子さんが、いつもニコニコと笑顔で出迎える。

人がよくて話好き、女将の人柄に惚れて通う常連も多い。

亡くなった主人が開業して50年が過ぎた。

当初は「いいエサをお客さんに提供したい」と、各地で自らエサを掘っていたそう。

今でもなるべく新鮮なものを提供できるようにと、必要な量だけをこまめに仕入れている。

また、当然ながら、いろいろな魚の捌き方を熟知。

ある日「シロギスを釣りに行ったのに、メゴチばっかりだったよ」と話す人に「メゴチも美味しいよ」と捌きかたから料理方法まで教えて喜ばれたことも。

今は沖磯のメジナ、クロダイやイシダイ。

サーフの投げ釣りではシロギスが浅場に寄ってくる季節。

〝湘南ドライブ〟がてら釣りデートなんていかが。

<週刊つりニュース関東版 宮﨑/TSURINEWS編>

▼この船について
磯屋
この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年5月18日号に掲載された記事を再編集したものになります。