常磐沖ジギングで4kg超ワラサ 好ゲストにヒラメ&根魚【釣友丸】

常磐沖ジギングで4kg超ワラサ 好ゲストにヒラメ&根魚【釣友丸】

秋が深まってきた11月中旬、常磐沖の青物が好調になってきた。しかも「ワラサは脂が乗って美味だ」と。そこで、日立久慈漁港の釣友丸でワラサ狙いジギング釣行をしてきた。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 茨城・上谷泰久)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

釣友丸でワラサジギング

11月12日(木)、日立久慈漁港の釣友丸からワラサ狙いのジギングゲームへ。この日は北東の風。私を含めた8人の釣り客が乗った船はゆっくり沖へ出ていく。

ポイントは水深50m前後。開始の合図とともに「下から15mのところにベイトの反応がありますよ」のアナウンス。

まずは根魚狙いでヒラメ

右舷胴の間で様子を見ていると、どうやらこの時間はジグには反応がないようだ。青物はやる気がないようなので、まずはスローピッチで根魚を狙うことに。180gのカルティバ・ウルトラスローを投下。青物が釣れだしたらハイピッチのタックルに持ち替えることにしようと思う。

底から5mまでを小さく、ゆっくりしたピッチで狙うとまずはヒラメをゲット。

ほかの人も底狙いにシフトしてこの魚を次々に釣獲。皆がゲットしたころ合いで、さらに沖に移動する。

次は水深80mから一気に60mまで上がる断崖ポイントだ。しかし、ここも反応は薄めで、少し北の水深60mに再度移動。ここでは私のスローピッチに根魚が好反応で、ソイやホウボウ、マトウがヒット。

4.5kgワラサ登場

船首の藤枝さんに大型がヒット。ヘビータックルでゴリゴリと巻き上げて、アッという間に浮上させたのは4.5kgのワラサ。包丁を入れて締めると、血液とともに脂が浮いてきて美味しそうだ。

常磐沖ジギングで4kg超ワラサ 好ゲストにヒラメ&根魚【釣友丸】4.5kgワラサを手にした藤枝さん(提供:週刊つりニュース関東版 茨城・上谷泰久)

竿頭はワラサ3尾

続いて、つくば市の曽洋さんがファイト開始。私にも重量級の反応はきたが、たくさんラインを出された挙句2号のPEラインを切られてしまった。「ブリ級まで視野にいれて3号を選択するべきだった」とがっかり。活性がいい時間帯なのか船中次々にヒット。竿頭は春日部市の森田さんでワラサ3尾。

常磐沖ジギングで4kg超ワラサ 好ゲストにヒラメ&根魚【釣友丸】ワラサで竿頭になった森田さん(提供:週刊つりニュース関東版 茨城・上谷泰久)

まもなく時間となり納竿。チャンスが後半となってしまい数はのびなかったが、4kgオーバーが多数出てどれも脂が入って価値ある魚だった。これからが狙いめなのでヒラメや根魚も含めておみやげ主義の人には特にオススメだ。

その後の釣果も上昇中なので、チャレンジしてみてはいかが?

常磐沖ジギングで4kg超ワラサ 好ゲストにヒラメ&根魚【釣友丸】曽洋さんにもいいサイズ(提供:週刊つりニュース関東版 茨城・上谷泰久)

<週刊つりニュース関東版 茨城・上谷泰久/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
釣友丸
出船場所:久慈漁港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年11月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。