船釣り入門にオススメ!気軽に半日&お手軽キス釣り【神奈川県・進丸】

初夏を思わせる日が多くなり、海を渡る風も心地いい。休日の過ごしかたとしてオススメしたいのが、半日船スタイルの船釣り。なかでも手軽な道具で楽しめるシロギスが面白い。本格的にのめり込めば、非常に奥深いものの、気軽に狙えるターゲットとして、初心者への間口の広さが特徴だ。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

釣況と基本タックル

4月21日(土)、東京湾金沢八景(漁港内)進丸の午前船に釣行。

通年、シロギスを看板に掲げる同宿。

川島正船長に近況を聞くと、「5月に入れば、もっと上向いてくるのですが、今は水温の上下動が激しいこと、潮の濁りの変化が大きいことも重なって、簡単に釣れる状況ではありません。1尾に向き合ってアタリを探り、しっかり掛けるまでのプロセスが求められます。ベテラン向き……な展開ではありますが、これが本来の釣りでもあります」と、楽観視はできない様子。

午前7時半、19人が集まる。

ベテランはもちろん、夫婦やカップル、若者のグループ。

女性や子供にも人気!

さらに親子連れと、シロギス船らしい顔ぶれ。

航程20分で中の瀬のポイントに到着。

水深18mでスタートとなった。

仕掛けは胴突き1本バリを使用。

付けエサの青イソメは、8cm前後とやや長めに装餌する。

参考タックル図。

アンダースローでキャストし、オモリが着底したら、オモリを50cmほどの幅で持ち上げる。

竿の角度をあまり変えずにオモリをカーブフォールさせ、付けエサを泳層に漂わせるイメージで誘っていった。

誘いのリズムや誘ったあとの食わせの間などは、魚の活性に合わせていくことが重要。

エサの追いが低ければ待ち時間は長め、活性が高ければ短めというのがおおよその目安だ。

キャストした仕掛けが船下まできたら、一度回収。

狙うラインを変えて広範囲に探っていく。

アタリのポイントで船中活況

釣れれば自然と笑顔に。

仕掛けのテンションを抜き気味にして、やや長めに待ちの時間を入れていたところ、ミチイトが弾かれるようなアタリ。

エサがやや長めなこともあり、引きに対して、竿先を送り込むように、ひと呼吸おいてから、ゆっくりと聞き上げ。

アタリが増幅したところで、アワセを入れ、一定のスピードでリーリング。

小気味いい引きを堪能しながら、姿を見せたのは丸々と太った23cmの本命。

この1尾が船中ファーストヒットとなった。

同じ釣り方を次投以降に試みるものの、アタリまでが遠い。

待ちの時間をさらに長くすると、メゴチハゼ類が掛かるようになる。

出船前、船長の言葉どおり、一筋縄にはいかない気難しさを実感する時間が流れていった。

船中でもなかなかアタリをだせない人が多く、苦戦が続く。

流す場所をまめに変えながら、少しでも活性の高い魚を求めて操船を続けてくれた。

ベテランがようやくポツポツと本命を手にする状況が続くなか、9時半ごろ、ややポイントを西寄りに移動させた水深17mでアタリが出始める。

魚が溜まっている筋にかかったようで、この流しで女性や初心者も笑顔で本命を手にすることができた。

釣果に差が出る結果に

だが、盛り上がりもこの一時のみ。

南西の風が一気に強まってくると、ポツポツと出ていたアタリは消滅してしまい、その後、再び沈黙の時間となってしまった。

当日の釣果の一部。

ハリスを長めにとり、仕掛けを極力動かさずに、潮に付けエサを漂わせるようなイメージで狙っていくことで、終了時間までポツポツと本命を拾っていくことができた。

10時50分に終了のアナウンス。

船中釣果は15~25cm0~28尾。

竿頭は右舷トモのベテランで、私は16尾。

ほとんどの人が5尾前後という釣果だった。

下船後、川島船長に今後の展望を聞いてみると「今日は厳しい釣りになってしまいましたね。ですが、シロギスの活性が切り替わる時期と重なります。今後は水温の上昇や潮濁りが入って好転するはず。釣れる場所が広がってきますし、数・型どちらも楽しめるシーズンに突入してきます。初心者には、出船前に釣り方のレクチャーをていねいに行いますので、ぜひ遊びに来てください。」と締めくくった。

うまく掛けて数を伸ばそう!

活性が上がらず、気難しい一面を見せたものの、1尾と向き合っていくという意味では、シロギス釣りの面白さと感じた今回の釣行。

船長の言葉どおり、状況が良化する条件が揃ってくるだけに、軽快なシロギスの引き味を求めて、休日のレクリエーションプランに加えてみてはいかがだろう。

<週刊つりニュース関東版 APC・田中義博/TSURINEWS編>

▼この船について
進丸
エリア:東京湾(横浜)エリア
出船港:金沢漁港 

この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年5月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。