美味でも有名!アユ釣りオススメ河川ガイド【京都府・美山川】

美味でも有名!アユ釣りオススメ河川ガイド【京都府・美山川】

京都府の北部に位置する美山川は、そのたたずまいは、山紫水明そのものといえる。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り アユ釣り

美味しいアユ

美味でも有名!アユ釣りオススメ河川ガイド【京都府・美山川】天竜山産種苗が初期から追いまくる。

源流域となる芦生(あしゅう)には、京大が有する研究施設の一つ、芦生演習林があり、原生林が残るその地ではトレッキングツアーも行われている。

その原生林から発した澄んだ水は、いいアカを育み、そのアカを食べたアユは香りが高く、いうまでもなくうまいアユだ。

毎年、高知県で行われている、「清流めぐり利き鮎会」という、アユの塩焼きの味を比べる品評会があり、美山川は準グランプリを4回受賞している。

あちこちの河川のアユを釣っては食べているが、お世辞抜きでうまいので、足しげく通っている河川の一つだ。

かつて、湖産アユオンリーの放流時代は、けっこう釣りやすい川と思っていたが、人工産の放流とカワウ被害により、若干クセのある川になりつつあったが、昨年の解禁日はものの見事に覆してくれた。

美味でも有名!アユ釣りオススメ河川ガイド【京都府・美山川】参考タックル図。

ポイントに入るのが少し出遅れたにもかかわらず、ちょろっとしたポイントで40匹ほどが入れ掛かりしたのだ。

しかも、まっ黄色の付きアユが……。

このまっ黄色の付きアユは、天竜産のアユと思われる。

今シーズンも、この天竜産が放流されるので楽しみでしようがない。

私の入ったポイントは全体に釣れていたが、爆発したのが中地区。

初めて美山川のアユ釣りをした人が、なんと3ケタ釣りを達成。

仲間もウハウハの釣果だったというのは、まさしく天竜産のアユのお陰だろう。

原風景を想起させる地

美山川が好きになったのは、まず一番にアユがおいしいこと。

そして、昔のままの雰囲気というか、山があり、そのすそ野を川が流れており、民家が少ないということ。

そして今もなお、かやぶきの家の集落があり、いつ通っても日本の原風景を思い起こさせてくれる雰囲気など、数え上げればきりがない。

森が多いことで、日中は暑くても日が陰りだすと、一気に気温が下がり涼しくなる。

クーラーの使用は年に数回と、地元の人がいうくらいだ。

放流量と遊漁料

よく入るのは、漁協のある安掛(あがけ)から上流。

この辺りでも水はきれいだが、田歌(とうた)周辺まで行くと、さらに水質はアップし、透き通る感じになる。

大きな支流は、棚野川だけと言ってよく、もちろんアユも放流されているがここ数年はパッとしない。

ここ数年、どこの河川でも同じだが、ウの被害が多く、釣り人が来る前にウが川へ入り、アユを根こそぎ食べる被害が出ている。

ウよけのテープを川へ張ることにより、放流してから解禁までの被害はなくなりつつあるものの、解禁してからは、そのテープもなくなることから、釣り人の入川の少ない地区は被害にあうようだ。

平成30年の放流は、全地域で琵琶湖産、人工産合わせて3900kgの予定。

4月20日から放流が始まった。

漁協のホームページには、地名と放流量が記載されており、当然放流量の多い地域は人気が高いともいえる。

解禁は5月26日の午前5時。

網の解禁は8月25日、トモ釣り専用区の網解禁は9月9日。

遊漁料は年券1万3500円、日券3500円。

日券の販売は6月23日からとなるので注意したい。

解禁日から6月22日までは、年券保有者しかサオが出せないということだ。

釣り人の人口密度が高い川なので、高水のときは金属系のミチイトが有利だが、渇水になると断然ナイロン系のミチイトで泳がせ釣りをした方が、分があるように思う。

夏場の渇水期は水温が高くなり、オトリ管理も難しくなるのはいうまでもない。

そんな時は、夕方狙いの方が断然有利だ。

美山川CUP鮎釣り大会」は、6月24日に開催される。

今年で9回目を迎え、とにかく賞品の多い大会として参加者に人気の大会だ。

美味でも有名!アユ釣りオススメ河川ガイド【京都府・美山川】

<安田明彦/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
この記事は『週刊つりニュース関西版』2018年5月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。