3,000円以内で釣りを始めよう!気軽で楽しい小物釣りのススメ

これから釣りを始めようとする方にとって一番お手軽に始められる釣り方はなんだろうか?海だったらハゼ、アジのサビキ釣りやチョイ投げでしょうか?私は宮城県の沿岸部に在住しているので海も湖沼にも幸い恵まれた地域なのですが、ここ最近はまっているのが淡水小物釣り。ちょっとした休みの空き時間でも楽しめるお手軽で、さらに初心者の方にもオススメしたい釣りです。釣りというと高価な遊びというイメージもありますが、小物釣りだったら最初は3,000円以内に抑えても十分遊べます。

菅野裕基
菅野裕基

宮城県在住。淡水小物釣りから投げ釣りまでこなすアングラー。

菅野裕基の担当記事を読む
×閉じる

淡水の釣り 小魚釣り

必要な道具

必要な道具は竿とライン(糸)とウキと仕掛け(針)になります。

シンプルな道具で楽しもう。

【竿】

小物釣りの竿は、私は現在ズームロッドという長さが三段階に変わる釣竿を使用しています。

ですが最初は一般的な延べ竿という釣具店に行くと大まかな目安として1,000~1,500円程度の値段で売られていますのでそちらで構いません。

値段が上がると竿が軽くなり扱いやすくなりますが高価な竿を用意する必要はたいしてありません。

高い=魚が釣れるとは限りませんから(笑)

入門にオススメなのが『VSやすらぎ/浜田商会』180と270。

長さが180cmと270cmの延べ竿です。

私も以前使っていました。

淡水小物釣りはもちろん、海でのウキを使ったハゼ釣りやお子さんが大好きなザリガニ釣りなど、他の釣りにも使える勝手が良い竿です。

最近では100円ショップでも釣具を置いてある店舗があるので、クチボソやタナゴ、小ブナなどの小魚たちなら安価な道具でも充分楽しめますよ。

【ライン(糸)】

竿先に結ぶ道糸ですが私はナイロン製の1号から1.5号の糸を使用します。

実際、もう少し細くてもいいのですが小物以外にも大型のコイが釣れてくるときもあるのでこのくらいが良いと思います。

【仕掛け(針)】

初めのうちは、ウキとハリがセットになっている市販のものをオススメします。

私がよく使っているのが、『へらまぶな釣りセット/Marufuji』です。

替えのハリや、調整のオモリもついてて、とても便利です。

何回か釣りに行くうちに慣れてきて、自分好みの仕掛けを作りたくなったらウキとハリを別々に購入し、仕掛け作りを楽しみましょう。

エサ

次にエサですが昔は釣りのエサはミミズや虫エサが代表でしたが今は練りエサを多く使います。

虫が苦手な女性やお子さんでも問題ありません。

凝ってくるとAのエサが3、Bのエサが1というようにブレンドしたりもします。

まるで魚たちの料理を作っているような気分になりますが、魚が美味しいと思うエサを作ることが釣果への近道だったりします。

その他に手を拭くタオルや腰掛けるイスと練りエサを作る軽量カップとボウル、小さめのクーラーや飲み物とおやつがあれば、さらに快適に釣りを楽しめるかと思います。

座れるクーラーやタオルはとても便利。

釣り場の選び方

「どこの釣り場にいこうか?あの辺に野池があるからちょっとやってみようか?」

最初はそう思っていざ釣り始めたら、そこは釣り禁止の場所でトラブルに繋がり……。

これではせっかくの楽しみが台無しになるので釣りに行く前にしっかりと確認しましょう。

小さめの野池がオススメ。

入門にオススメなのは、釣りが許可されている小さめの野池です。

河川だと流れが速くなって仕掛けが安定せず釣りにならない場合もあります。

また、足場が不安定な場所は選ばず桟橋などの安定している場所を選ぶようにしましょう。

ケガをしては元も子もありませんから。

いよいよ釣りスタート

先日、4月下旬に宮城県涌谷町にある涌谷町釣り公園に釣行してきました。

釣り場に着いたのは13時前。昔は朝から夕方近くまで竿を出しましたが小物釣りは気軽に楽しみたいのでのんびりスタートです。

だいたい私の場合は13時くらいから長くても2~3時間がほとんどです。

帰宅したらその日に使用した道具の手入れや新たな仕掛け作りに没頭します。

涌谷町釣り公園の釣り座。

当日は桜満開になる小春日和といった穏やかな天気。前回下見に来た際はヘラブナ狙いのつり人から「オイカワがすごくてヘラはまだだよ」と嘆いていました。

私は小物釣りがメインなので内心ワクワクしながら準備にかかり、エサ打ちを開始します。

この日の仕掛けは、

竿……『遊流里789ズームロッド/TIGA
道糸…… 1.2号
ハリス…… 0.8号
針……へら鮒スレ針5号
ウキ……小型のへらウキ (遊動式)
エサ ……『Sグリーン/マルキユー』 、『凄グル/マルキユー

ヘラブナ釣りと同じ仕掛けに。

この日は魚の活性が非常に高く一投目からウキが上下にピョコピョコと動きます。

軽くあわせてみとエサ取り特有のカラツン(針に魚がかからないこと)。

エサを打てばアタリはありますがなかなか思うように釣れてきません……。

エサに少し手水を打ち固さを変えて繰り返し投入したら、ウキの目盛りが一つ沈む気持ちのいい当たりが。

竿先を軽く曲げるピクピクとした魚の引きを楽しみながら上げてみるとオイカワです。

それからはもうオイカワの入れ食い状態に。

上下2本の針にどちらにも魚がかかる状態も何回かありました。

午後から2時間ほどでしたが淡水小物釣りとしては満足できる内容じゃないでしょうか?

キレイなオイカワ。

気持ちよく楽しむために

最後に、駐車場所の確認とゴミの持ち帰りはしっかりやりましょう。

ゴミが原因で釣り禁止になる場所はこの淡水小物釣りに限らず多くの釣り場で見聞きをします。

ほかに釣り人がいるときは挨拶したりお互いの釣果を話したりしてコミュニケーションを図りましょう。

釣果へつながる大事な情報や意外なことを教えてくれることもあります。

ベテランのつり人は一見話しかけづらい雰囲気だったりしますが、そこは魚との真剣勝負で釣りに集中しているからこそなんです。

ですが分からないことを素直に聞けば親切に教えてくれたり、仲間が増えることが楽しくて良くしてくれることがほとんどです。

私の場合ですが何回か釣り場で出会い、話を進めるうちに道具をいただいたこともありました。

これから釣りという遊びを始める方にはぜひ、小物釣りの楽しさを味わってほしいと思います。

▼この釣り場について
涌谷町釣り公園