川虫で狙うアマゴ釣り。ポイント見つけ入れ食い状態。【奈良県・天川村】

3月30日、奈良・天の川アマゴ釣りに出かけた。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

まずは洞川から

午前6時過ぎ、川合の豆腐店で入川券を買い、まずは川迫川へ向かったが、途中で4月13日まで通行止め。

まだ7時前。

すぐ引き返して洞川へ走った。

ところがもう、川への下り口には全部車が……。

洞川温泉の下流で1カ所、空いていたからそこから下りて釣り開始。

今回は風が強く5.3mをメインで使用

サオは5.3m。

エサはイクラと川虫を用意した。

下り口の前に格好の深みがある。

期待してイクラで仕掛けを入れたがシーン。

アタリがない。

それなら……と川虫で釣ると、ヨレの横で目印がスーッとシモへ動いた。

軽くアワせて取り込むと15cm級のアマゴ。

色が冴えない養殖魚だった。

尾ビレはきれいだし、鼻も剥けていないけれど少しギラついているだけで、まあ、許せる範囲だ。

釣り上がっていくと、川虫ではボツボツとアタリがあったが同サイズの養殖魚が多い。

イクラにはほとんどアタリなし。

カミの大岩の所から引き返して、昼前までに20尾ほどになったが、なぜか天然魚はなし。

ポイントも、釣りやすい深みより、チャラチャラの浅瀬のヘチなどがよかった。

昼前に川から上がり、本流へ向かう。

本流で入れ食い状態へ

川虫で連発モードになった洞川の渓相。

川合からシモへ走ったが、駐車する場所がない。

釣り人が見えないのはそのせいだろうか。

かなり下流の庵住のシモで釣りやすそうな場所を見つけ、川へ下りた。

川幅が広いから6.1mのロッドを持って下りたが、そのころから強い風が吹き出したので5.3mに取りかえて釣り始める。

ここでもイクラでは釣れず、川虫には好反応だった。

G2のオモリで、川底を引きずるようにエサを流すと、ククッとアタリが出た。

ただ、風がカミから吹いていたから穂先がカミ、目印がシモにある。

それでアワセを入れると、上、またはカミ方向に力が働くからか、ギラリと掛かってもハリ外れが多発した。

半分以上も外れる。

やむなく、アタリが出たら穂先をシモへ移動させて、シモ方向にアワせると確実に掛かるようになった。

この操作でアワセはかなり遅れるのだが、こんな遅アワセでも問題なく、アマゴが釣れる……。

早アワセは必要ないのか……。

アマゴは遅アワセでいいのだ……と悟ってしまうと確実に掛かるようになり、次々とアマゴが釣れだした。

数日前に放流してから、ここらはあまり釣られていなかったのか、ポイントらしき場所では3尾、5尾とアタリが続き、まさに入れ食い状態。

ただ、サイズとしては数尾は20cm級も釣れたが、ほとんどが小型揃いだった。
午後3時まで釣って合計釣果は55尾(14~21cm)。

放流直後の養殖アマゴがなぜ、川虫に好反応だったのかは分からないが、とにかくよく釣れた半日だった。

<大西満/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
天川村漁業協同組合
この記事は『週刊つりニュース関西版』2018年4月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。