波止からクロダイを狙う。49cmの本命がお目見え!【鹿児島・浮津漁港】

3月18日、鹿児島県垂水市の浮津漁港チヌ(クロダイ)釣りに出かけてみた。私は空いている先端から少し手前に釣座を構えた。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

1日目スタート

まずはまきエサ作り。

オキアミ生1角に『麦黒鯛/ヒロキュー2袋を混ぜ合わせる。

発酵させていない普通の麦より、発酵麦は断然匂いが強い。麦が大好きなチヌを、視覚に加えて強烈な匂いで呼び寄せる。

つけエサはチヌバリのサイズにぴったりの『生イキくんチヌ/ヒロキューと『めっちゃ喰う!ダンゴシリーズ3色/ヒロキューを準備した。

足元にエサ取り用、20m沖にチヌ用のまきエサを多めに入れながら仕掛けを作り、午前7時に釣り開始。

今回の仕掛け。

当日は大潮。期待の朝マヅメだったが潮が動かず、アタリがないまま8時の満潮を迎えた。

潮返しの下げ潮が動き始めた9時、ウキがスパッと入った。サオを立ててアワセを入れ、引きを楽しんで浮かせたのはマダイ46cmだった。うれしい外道だ。

ここで釣友の松崎さんと鮫島さんがやってきた。2人は誰もいない先端で釣りをしていて、にぎやかだ。

行ってみると良型のチヌが釣れている。先端は港を出入りする潮の流れがあるからか、交互に2人のサオが曲がる。

私も頑張らなければと気合が入る。

ハリスの号数を落として長めに取る。より自然につけエサが沈むように演出すると、すぐに答えが出た。

サオ先に作ったミチイトのたるみがスッと動いてなくなった。

アタリだ!サオを立てるとチヌが首を振る引きが伝わってきた。

慎重にやり取りをし、取り込んだのは黒々とした居着きの44cm。やっと本命が釣れてうれしい。

後が続くかと思われたが、足裏級のマダイを1尾追加しただけで、午後3時に終了した。

松崎さんと鮫島さんは2人で50cmまでのチヌ7尾と大漁で、満面の笑顔だった。

私は自分の貧果に納得できず、翌日にリベンジすることにした。

リベンジの2日目がスタート

くやしいが釣友のほうが釣れていた。

翌19日午前11時、港に到着。天気は雨で、防波堤には釣り人はいない。

先端に入り、早速釣り始めるが、潮は左右にふらふらと動いたり止まったりで安定しない。

「まきエサを多めにまいていれば、そのうちチヌが来るさ」と、のんびり構える。

潮が沖向きに流れたとき、ウキがゆっくり沈み始めたと思ったら、それまでとは違うスピードで潜行してミチイトが張った。

アタリだ!アワせると結構な重量感が返ってきた。

魚が沖向きに走ったときミチイトを出して、魚を沖に出してやり取りをする。

弱ってからリールを巻いて寄せてくる。

浮いてきたのはチヌ

メジャーを当てると49cmだ。「取ったでごわす!」雄たけび一発。

しかし、すぐに潮が止まり、連発しない。

それでも時折、一瞬だけ潮が動くとチヌが食ってくる。

やり取り中にチヌは口から麦を大量に吐き出す。

やはり集魚材の麦黒鯛の効果が大きいと感心させられた。

ぽつぽつとチヌを追加し、午後4時に納竿。結果、チヌ49cmまでを6尾。

リベンジ成功!計6匹の釣果。

「リベンジ成功。次の狙いは50cmオーバーの年なしじゃっど!」

<週刊つりニュース西部版 APC・新増初生/TSURINEWS編>

▼アクセス
浮津漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2018年4月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。