ティップランで400gアオリイカ 今後はキャスティングに期待【Wingar】

ティップランで400gアオリイカ 今後はキャスティングに期待【Wingar】

3月31日、小潮。佐賀県唐津西港より出船のWingarを利用して呼子沖ティップランでアオリイカ釣りに行った。単発ヒットに苦戦するも、400g本命と対面。

佐賀県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

Wingarでティップラン

午前7時、出船。Wingarの薗田船長が、風がやや強いためゆっくり走りますと言っている。最初のポイントに到着。水深約20m。1投目から、隣の田中さんに500gがヒット。1回目の着底後、1シャクリ目でアタったそうだ。

ティップランで400gアオリイカ 今後はキャスティングに期待【Wingar】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹)

私は、エギ王TR3.5号にTRシンカー20gを装着しエギを落としてみた。だが底は取れるが、20mほど流されての着底。これはダメだと思い、同シンカー30gにチェンジ。1回目、2回目、着底するラインの角度がよい感じになった。だが、誰もアタらない。

筆者には400gアオリイカ

風裏ポイントへ移動。同シンカー10gにチェンジ。風もなくなり、同シンカーは外した。同船者に300gがヒット。だが単発。

風が当たるポイントへ移動。同シンカー20gを装着。1回目の着底、2回目の着底。いい感じで流れる。10時、やっと私のサオにもアタった。400gだが、この状況ではうれしい1尾だった。

ティップランで400gアオリイカ 今後はキャスティングに期待【Wingar】うれしい本命(提供:週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹)

今後の展望

その後、田中さんにもう1尾。そして、納竿時間を迎えた。タフコンディションな一日だった。終盤戦を迎えたティップラン。もう少し楽しめそうなので、あと1回は、ティップラン釣行に行きたいと思っている。

そして、ティップランからキャスティング(ボートエギング)へ移行するであろう4月、「このエリアは必ず3kgオーバーが出ますよ」と薗田船長が語っていた。

※記事内に登場する船宿の現在の営業状況については、公式HPを確認もしくは、直接各施設へお問い合わせください

<週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
Wingar
出船場所:唐津西港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年4月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。