乗っ込みマダイ狙いコマセマダイ釣り良好 本命2.5kgに4kgカンパチも

乗っ込みマダイ狙いコマセマダイ釣り良好 本命2.5kgに4kgカンパチも

4月2日、乗っ込みが始まった東京湾・剣崎松輪沖へマダイ狙いで釣行した。この日はスタートからマダイの食いはまずまずで、後半には3kg級カンパチのゲストまで登場。いよいよ本番を向かえる同沖のコマセマダイ釣りを満喫した。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:釣りニュース関東版APC・間宮隆)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

瀬戸丸でコマセマダイ釣り

4月2日(木)、神奈川・松輪江奈港の瀬戸丸でコマセマダイ釣りに出かけた。この日は、私が所属する草野球チームの大会優勝をマダイで祝おうと釣行。

ようやく乗っ込みが始まったようで、期待十分。午前6時に鈴木信吾船長の舵で8人を乗せ出船。航程10分の真沖でスローダウン。

深ダナはフグの猛攻

「上から40mです」のアナウンスで仕掛けを投入。

前日船宿に状況を聞いたところ「ハリス4号12mの仕掛けを作るように」と言われていたので、ハリス長を意識して45mまで下ろし、コマセを出しながら指示ダナでアタリを待つ。

乗っ込みマダイ狙いコマセマダイ釣り良好 本命2.5kgに4kgカンパチも当日のタックル(作図:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

口火を切ったのは、左舷トモの常連Kさん。「最近はフグが多いので、45mまで落とさず、40mでビタ止めで待っていたら、竿先が入った」とのこと。

乗っ込みマダイ狙いコマセマダイ釣り良好 本命2.5kgに4kgカンパチもマダイが浮上(週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

同氏の言葉通り、私の仕掛けは1投目から、フグにハリを取られた。続いたのは右舷ミヨシの田中さん。2本バリ仕掛けで良型本命。

乗っ込みマダイ狙いコマセマダイ釣り良好 本命2.5kgに4kgカンパチも田中さんに良型マダイ(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

痛恨のすっぽ抜け

すると、船長から「間宮さん、アタッているよ」との声。竿は根元から曲がり、アワせるとズシンと手応え。良型を確信し「やった」と小声でつぶやいた瞬間にスッポ抜け。「今のデカかったなぁ」と船長。

本命連発の後はフグ

その後は、Kさんの3連発に続き、右舷トモの岩城さんに本命。

乗っ込みマダイ狙いコマセマダイ釣り良好 本命2.5kgに4kgカンパチも岩城さんに本命マダイ(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

開始から絶好調だったが、その後、フグなどのエサ取りが多くなり、まったりモードに突入。

小移動後に再び好調

10時半に小移動し、指示ダナ30m。先の場所より、エサ取りは少なくいい感じ。すぐに、左舷トモの吉住さんが3kg超えを含む連発。私も1kgオーバーを連チャン。

乗っ込みマダイ狙いコマセマダイ釣り良好 本命2.5kgに4kgカンパチも1kgオーバーが連発(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

この流しで本命を上げた右舷胴の間の本田貴志さんは、千寿子さん、凛太郎くん、紗愛ちゃんの家族4人で釣行。「子どもたちが釣り好きになるといいなぁ」。

乗っ込みマダイ狙いコマセマダイ釣り良好 本命2.5kgに4kgカンパチも家族連れにもマダイが…(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

ミチイトがズルズル

私に強烈なアタリ。ミチイトがズルズル引き出される引きで、嬉しいゲストの4kg超えカンパチ。

乗っ込みマダイ狙いコマセマダイ釣り良好 本命2.5kgに4kgカンパチも4kg級のカンパチも(提供:つりニュース関東版APC・間宮隆)

このポイントではエサ取りは少なく、船中いたるところで竿が曲がり、2.5kgをゲットした午後1時に沖上がりした。

乗っ込みマダイ狙いコマセマダイ釣り良好 本命2.5kgに4kgカンパチも筆者の釣果(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

この日は全員オデコなし。竿頭はKさんで11尾。まさに乗っ込み最前線だ。

<週刊つりニュース関東版APC 間宮隆 /TSURINEWS編>

▼この釣り船について
瀬戸丸
出船場所:神奈川県三浦市南下浦町
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年4月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。