夕マヅメのアジングゲームで24cm頭に良型中心釣果【新宮漁港】

夕マヅメのアジングゲームで24cm頭に良型中心釣果【新宮漁港】

春先は特有の風が強い日が多いが、ようやく春めいた気温になった3月中旬の夕マヅメ、アジングに福岡県・新宮漁港へ向かった。良型中心の釣果を得ることが出来た釣行をレポート。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

新宮漁港でアジング

福岡県糟屋郡新宮漁港に午後6時前に到着。アジが釣れているので相変わらず釣り人は多い。足場の良い駐車場前は、釣り人で賑わっている。

私は渡船が着く波止に釣座を構えてみた。この場所の先端は定員2人程度なので、運よく空いていれば入れる。アマモ場とテトラがあり、航路もあり流れもよい。風は風速4mとアジングには不向きだが、風向きを考え重めのジグヘッドならなんとか釣りができるレベルだ。

夕マヅメのアジングゲームで24cm頭に良型中心釣果【新宮漁港】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

24cm頭に良型主体

ジグヘッド1.5gにクリア系のワームをセットし1投目。いきなり23cmサイズが釣れる。夕マヅメ連発か?と思われたが、そう簡単にはいかず、風が強いこともあってライントラブルもあり時間が経過。あっという間に時合いが終わり、ここから我慢の時間。普段やっていないポイントもあり根掛かりが多発し、時間ばかりが経過する。

海底の形状を把握するのにずいぶん時間を要したが、ぽつぽつとボトムでアジのアタリをとらえ、少ないが釣れた。食いが浅くボトムでのアタリしかない状況。活性は低いが、その分ゲーム性が高く楽しめた。

小アジは交じることが少なく、すべて20cm以上で最大は24cmだった。入れ食いではないが、時合いさえつかめばサビキでもワームでも釣れている。

<週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
新宮漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年4月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。