子どもたちと堤防へ!父と息子の男旅!【愛知県南知多町豊浜つり桟橋】

3月18日は大潮の最終日。息子たちと男旅をすることになり、前日から3人で釣り道具を準備した。この準備をする時間も、息子たちは「明日は大物を釣るぞ」と気合が入っており、ニコニコしながら車に積み込んだ。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

豊浜新堤へ

アイナメを釣り自慢気。

数日前、大野漁港に釣行した際は何も釣れなかったので、今回は場所を変えて愛知県南知多町豊浜新堤へ向かった。

午前6時、眠い目を擦りながら車に乗り込み、男旅の始まりだ。

道中、息子たちからは「今日は僕が大物釣るから」とワクワク感が伝わってくる。

「釣らせてあげたい」と思う親の気持ちを海は裏切らなかった。

豊浜つり桟橋に着き、すぐに仕掛けを投入する。

すると1投目から穂先がグンとたたかれた。

息子の顔が真剣になり、両手はいつでもアワセを入れられるようサオを軽く握っている。

次のグンでアワセを入れるとロッドがたたかれた。

ゆっくり丁寧に巻き上げてくるとアイナメが釣れた。

それと同時に後ろにいたファミリーにも巨大なアイナメが釣れた。

そちらは40cmの大きなアイナメ。

私たちのアイナメは20cm。

やる気モード突入するも……

フグゲットでうれしそう。

子供たちはやる気モードに突入だ。

しかし流れが変わってしまったのかアタリは遠い。

しばらくするとアタリがあり、息子がアワセを入れるとお次はフグ、さらにまたフグ。

その後、急激に潮位が下がり、アタリもなくなってしまったので納竿した。

楽しい男旅をすることができ、子供たちも私も満足のいく釣りだった。

少しずつ海の中から春の訪れを感じるので、今後も楽しく釣りをしていこうと思う。

豊浜新堤は、駐車場やトイレがあるためファミリーフィッシングにはいい場所だ。

お兄ちゃんも負けずに大きなフグをキャッチ。

安全のため必ずライフジャケットの着用をお願いしたい。

<週刊つりニュース中部版 APC・高畑光邦/TSURINEWS編>

▼アクセス
この記事は『週刊つりニュース西部版』2018年3月23日号に掲載された記事を再編集したものになります。