渓流解禁!オススメ河川ガイド!【滋賀県愛知川上流】

滋賀県東近江市を流れる愛知川(愛知川上流漁協管内)は、今年は3月3日(土)の夜明けごろから渓流釣りが解禁となる。

この記事は『週刊つりニュース関西版』2018年2月23日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

狙い物が豊富!魚影の濃さも期待大!

茶屋川。

漁期は9月いっぱいまで。

この河川ではアマゴ、イワナ、ニジマスの3魚種がターゲットとなり、狙い物が豊富なところが魅力だ。

前年の3月にイワナの稚魚、同月から4月にかけてアマゴの稚魚をそれぞれ5万尾以上放流。

さらに今年の2~4月にはアマゴを400kg、イワナを500kg、ニジマスを400kg放流する予定(どれも成魚放流)となっており、魚影の濃さには大いに期待できる。

好ポイント多数な愛知川上流

神崎川。

放流個所は、御池川全域(成魚&稚魚)、神崎川発電所より下流(成魚&稚魚)、愛知川本流(成魚のニジマスとアマゴのみ)、茶屋川全域(稚魚)、八風谷(成魚)、古語録谷下流(成魚)へ行い、2月27日、3月16日、4月中旬の3回に分けて放流される。

本流ももちろん狙い目!

多数ある釣り場の中でも、愛知川本流木戸ノ橋~木和田キャンプ場付近、御池川蛭谷~箕川地区君ヶ畑地区神崎川大湯エン堤下流茶屋川八風谷古語録谷下流が流れ込みや魚のたまりやすい場所が多く、好ポイントとなっている。

八風谷は下流側にあるため、林道からすぐに入ることが可能。

川の周りには林が茂っており、自然をたん能しながら釣りができる。

神崎川中流は、フライとテンカラ専用のキャッチ&リリース区間となっている。

どの釣り場も水がきれいで渓流釣りの魅力を存分に味わえる。

暖かくなれば支流で天然イワナも期待できる。

本流の様子。

魚影は濃く、釣りやすいポイントは多数あるが、解禁直後は雪が多いため、注意して釣行してほしい。

なお、入漁券販売所は池田養魚場道の駅奥永源寺渓流の里魚幸商店、広瀬酒店、肥夏屋旅館、組合事務所の他、地域のコンビニエンスストアとなっている。

<週刊つりニュース関西版 平塚悠介/TSURINEWS編>

▼漁協について
愛知川上流漁協
料金日券は2000円、現場釣り券は2000円増し、年券は6000円。
  

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。