ぽかぽかドーム船+楽々仕掛け=ビギナー楽ちんワカサギデビュー!

昨年末、山梨県南都留郡山中湖ワカサギデビュー桜井瑠香さんと、オーナーばり・赤沼行紀さんの釣行を取材した。

この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年1月12日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ワカサギ釣り

ドーム船にてワカサギ釣り

雪化粧の富士山をバックに「行ってきまーす」

夜明け直後の午前6時半、ボート店に到着。

2人は凍結して滑りやすくなっている桟橋に気を付けながらドーム船に乗り込む。

振り返れば雪化粧の富士山がくっきり。

乗船して釣り座のセッティング。

船内にはハリ外しの付いたオケや、仕掛けを掛けておけるフックなどが準備されている。

赤沼さんが桜井さんをサポート。

電動リールに穂先を装着して、仕掛けを付ける。

ビギナーにはこの仕掛けのセットが第一関門

ハリが小さく数もそれなりにあるので、手順よく行わないと、服に刺さったり、手前マツリなんてことも。

桜井さんは果たして……。

便利な仕掛けでビギナーも楽々!

楽ちん仕掛けでトラブル知らず!

そんな不安のなか、赤沼さんが用意した仕掛けは「楽ちんワカサギ/OWNER」。

外し口のサルカンにミチイトをセットして引っ張るだけでOKです」という説明が終わらないうちにトラブルなく仕掛けをセット。

仕掛け付けに慣れていなくても安心!

オモリも付いているので、あとはエサ付けだけ。

名前の通り楽チンなビギナーに最適な仕掛けだ。

次はエサ付け。

ここも、紅サシ専用の「時短ピンセット/OWNER」で紅サシを隣り合うハリそれぞれにチョン掛け。

中央をハサミでカット。

あっという間にエサ付け完了。

いざ実釣開始!

参考タックル図。

準備が整い、窓から富士山が見えるポイントで開始。

桜井さんは赤沼さんに教えてもらいながら、難なく最終関門突破の1尾目をゲット。

アタったときの竿の動きが本当に微妙なんですね~。これは好きな釣りかも」と桜井さんが本気モード。

同船したベテランたちも「姿勢がいいね。彼女上手いでしょ。ファンになっちゃった」と大絶賛。

その後は初挑戦とは思えないペースで追釣。

赤沼さんとのダブルヒットもたびたび。

背中合わせで竿を出す中谷亘さんは、姪の杉浦麻鈴さんをサポートしつつ快調。

杉浦さんもワカサギ初挑戦ながら4点掛けを達成。

女性アングラー同士お菓子の交換などをする場面も。

この日は、大きな群れがきて爆釣という時間帯こそないものの、誘い続ければ一日通して断続的に釣れ続くという展開だったが、桜井さんは正午すぎには大台の100尾。

午後にはちらちらと小雪が舞うようになったが、いぜん船内はぽかぽか快適。
集中力は途切れず185尾で午後3時半下船。

当日の釣果。

桜井さんは「お昼ごはんを食べなければもっと釣れたかも」とワカサギ釣りに魅了された様子。

寒いこの時期こそ、快適なドーム船で、誰でも楽しめるワカサギ釣りに挑戦しよう。

<週刊つりニュース関東版 編集部/TSURINEWS編>

▼アクセス
山中湖
  

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。